第12話 「The magic needed for a flower to bloom.」

f:id:ultimei:20150404032335j:plain:w640

第11話】→【第12話(このページ)】→【第13話】 【目次

感想

今回の合宿場、民宿わかさ。

f:id:ultimei:20150404032337j:plain:w640

予告で劇場版アイマスと同じこの場所が出てきたときは、嬉しさはあったけど同時に安易なファンサービスのようにも感じて、少し引っ掛かりを覚えた。 これまでも広告や店に並べられた商品とかで765プロや他のアイドルが出てくることがあっても、その程度が控えめだったから特に安易さを感じることもなくそれを見て否定的な印象を持つことも無かったけど、大した理由もなくただこの場所が使われることはあまり望むものではないと思ってた。

f:id:ultimei:20150404032338j:plain:w640

今回の話は、シンデレラプロジェクト全体がユニットとして一つにまとまるまでの話。 シンデレラガールズはこのアニメが始まる前からいろんな展開を見てきたこともあって、このアニメでのシンデレラプロジェクトも765プロと同様みんなひとつになってるんじゃないかと先走った認識をしてしまってた節があったんだけど、実際は今回見ればわかるとおり765プロほどにはなってなかった。 例えばここでもそれぞれのユニット同士で固まってる。

f:id:ultimei:20150404032340j:plain:w640

このアニメの中で起きてることは他と切り分けて見るべきところを、他で見た情報を勝手に混ぜ込んでアニメの認識に影響してしまってたんだけど、今回は特にそれを意識させられた。 今回765プロが劇場版で使ったのと同じ合宿場での練習となったことで、765プロとは違う部分をより分からせてくれたように感じる。 同じ世界観を共有してるっていうことをこれまで以上に具体的にみせてきた一方で、同じ場所でも全く違う様子が描かれたことで、その二つのユニットの違いにも意識が向いた。 その点で、同じ場所での合宿というのは、自分にとっては安易なファンサービスではなく、ちゃんと意味のあるものと捉えられたし、その差異を見せられることで認識を正すものとしても作用した。

といった感じでこの話を実際見てみるまでは、劇場版とリンクさせることによってもやっとする部分が出てくるんじゃないかと少し不安があったけど、自分には効果的だったし、流石そのさじ加減はいい具合だった。

f:id:ultimei:20150404032342j:plain:w640

今回の話は劇場版を意識するといろいろと面白い部分は出てくるだろうけど、一つ自分にとって面白いなと思った部分をあげるなら、長い階段を登った場所にあるという所かな。

f:id:ultimei:20150404032344j:plain:w640

Pと美波の会話の中で「もう一歩、新しい階段をみなさんと登ってみませんか」っていう言葉があったけど、この言葉は合宿後のフェスに向けての話であると同時に、この場所での得られるだろう経験とも掛かってるように感じた。



今回まとめ役として抜擢された美波。 デビューも一番最初で、性格的にも冷静で落ち着いてる、その点でもまとめ役に選ぶのは妥当かと思うけど、それ以上にラクロス部をやってるっていうところも大きいのかな。 他のみんなは学校やプライベートでどういう活動をしてるかわからないけど、少なくともこっち側から見える限りで言ってもチームプレイの経験があるという点は大きいだろうし、そこも抜擢された理由の一つとして考慮されてたんだろうか。

f:id:ultimei:20150404032345j:plain:w640



EDの『Nation Blue』。

f:id:ultimei:20150404032347j:plain:w640

挿入歌のススメオトメと同様にいい流れになってるとは思うけど、ここでNation Blueが使われちゃうと、もしかしてライブシーンでは出てこなくなったりしないかっていう不安もある。 ほかの属性曲の『アタシポンコツアンドロイド』と『Orange Sapphire』も挿入歌として使われたから扱いはほぼ同等ではあるけど、この曲は特にライブで歌われるところが見たかったので、嬉しさ半分不安半分。 別に同じ曲を何度も使わないというルールがあるかどうかは分からないので、この先挿入歌ではなくライブで使ってくれることがあればいいなと思う。 1話でもインスト版が使われてたし、今回の12話も重要な話だし、それを踏まえた上でこの先ベストなタイミングで使ってくれれば絶大な効果を発揮してくれると思うから、それに期待したい。



きらり。

f:id:ultimei:20150404032349j:plain:w640

美波と同じく年上の立場ではあるけど、まとめ役になれなかった/なれないところを気にしてるのかな。 全体曲に対する不安もあっただろうけど、迷ったメンバーを上手く導けないことを気にしてるような気がする。 そういったことを考えると、次の日の探し物競争で智絵里から「お母さん」として認識されてたことは相当に嬉しかったんだと思う。 まとめ役とは違うけど、それとは別の立ち位置できらりの役割、できることを実感させてあげられたことになるわけだし。

f:id:ultimei:20150404032350j:plain:w640

この探し物競争で「お母さん」を入れたのは誰なんだろう、やっぱり新田ちゃんだろうか。 他の誰かから「お母さん」的な存在だと認められる、きらり自身にそう感じさせることまでを期待して入れたんだとしたら新田ちゃんはこのスペシャルプログラムを相当に考えてたんだろうね。 個々のユニットとは別にシンデレラプロジェクト内での自分の役割・立ち位置に改めて気づかせるという意味では、この探し物競争は他の競技以上によく考えられたものだなと思う。



不安げなかな子と智絵里。

f:id:ultimei:20150404032352j:plain:w640

CANDY ISLANDは歌のパフォーマンスをするシーンが描かれてないから分からない部分は多いけど、やっぱり精神面・体力面が不安な要素として大きいんだろうか。 智絵里は杏の「失敗」という言葉を聞いてお皿を落としちゃったから、たくさんの観客がいる前に出てパフォーマンスするっていう部分に怖さがあるのかな。

f:id:ultimei:20150404032353j:plain:w640

この後布団に入っても眠れない蘭子が出てきたけど、智絵里とかな子の寝顔も見たかったね。 純粋に文字通りに寝顔が見たかった、髪をほどいた様子とかを見たかったっていうのもあるけど、この不安がどの程度なのか、寝れないほどなのか、それほどでも無いのか、ここで言葉として現れなかった部分をもう少し知りたかったなと思った。 まぁこのCANDY ISLANDでの会話の様子だけでも十分とは思うけど、これまで普段のプライベートが見えてない分、合宿で多少は見れる部分があるかなと期待してたので、若干の物足りなさがあった。

杏は、全体曲をやることについては自分がやるだけの話じゃなくて、全体として「難しい」と判断してた。 序盤でも出来ないならがむしゃらに練習しようとする未央に「このままやってもエネルギーの無駄遣い」って言ってたけど、割と置かれてる今の状況をよく見てる子だね。

f:id:ultimei:20150404032355j:plain:w640

「働きたくない」が基本方針だけど、やらざるを得ない・やると決めた場合にはできるだけ少ない労力で求められるものを出そうとするあたり、無駄がなくて効率重視なんだなと思う。 理性的。



で、その未央。 「振付が合わないなら合うまでやろうよ」などなど。 次のフェスがリベンジのチャンス、デビューイベントでの後悔があるから「今度こそ」という気持ちが大きいんだろうけど、それは自分(あるいはユニット)の事情で、全体曲にそれを持ち込まれると反発はあるよね。 当初の未央は自分の気持ちばかりが先行してた感がある。

f:id:ultimei:20150404032359j:plain:w640
f:id:ultimei:20150404032400j:plain:w640

だから、そんな未央から「焦らないで行こう」っていう言葉を引き出せたことは、このスペシャルプログラムの効果が現れた分かりやすい部分だろうね。

f:id:ultimei:20150404032402j:plain:w640

未央に限らず、自分たちのユニットを優先したいと言ってたみくと李衣菜も同じだけど、この二人に進行という役割を任せて全体を見せるというのもよく考えられてるなぁと思う。

f:id:ultimei:20150404032404j:plain:w640

他にもあるだろうけど、このスペシャルプログラムをここまでに考えた新田ちゃんはすげえわ。 悩んでどうするのがいいのかをいろいろ考えたんだろうね。

f:id:ultimei:20150404032406j:plain:w640

「みんなといっしょに何が見えるか、確かめてみたい」。 輝きの向こう側ってやつかもね。

f:id:ultimei:20150404032407j:plain:w640



そう言えば水着回では無かったな。 話的にそうならなそうな気はしてたとはいえ、新田ちゃんがオリエンテーション始めようとしたときには海に出るのか少しだけ期待もしたけど。 さすがにただ遊ぶだけにはしなかったか。 それこそ安易なファンサービスだろうね。

f:id:ultimei:20150404032409j:plain:w640

でもやっぱ見たいもんは見たい。

次回予告

f:id:ultimei:20150404032411j:plain:w640

もう期待しかないね。

今回一番好きなシーン

f:id:ultimei:20150404032412j:plain:w640

この一瞬がカッコ良かった。 アニメじゃ属性は出てこないけど、新田ちゃんがクール属性だってのをここで再認識したな。

今週のちえりん

二人三脚ではユニット3人で走ってる(というスピードでもないけど)の姿は見えたけど、リレーで智絵里が走る姿が見えなかったことも一つ重要なことだった気がする。 相変わらず1話冒頭の走る智絵里の姿が気になっててしょうがないんだけど、今回リレーのシーンで走ってる様子が画面に描かれなかったことがよりそのシーンの象徴性を高めてるように感じた。 気にし過ぎとは思うけどね。 単にCANDY ISLANDが他のユニットに比べると画面に収まりきらないくらいの差があったという表現なだけなんだろうし、ここで見るべきは美波たちとニュージェネレーションズの対比だろうし。

f:id:ultimei:20150404032414j:plain:w640

合宿回ということで期待したことの全ては見れなかったけど、智絵里がぴょんぴょんするところがとても可愛かったのでよかったです。

f:id:ultimei:20150404032415j:plain:w640

広告を非表示にする