読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「LIVE Groove Vocal burst」終了

最初に成績のはなし。 コミュ等の話は後半で。

f:id:ultimei:20160909203717j:plain:w480
2016-08-31/2016-09-08

今回はすげえ頑張った。 当初の予定ではいつもどおり「最低ラインは莉嘉一枚取り、あとはマイペースに」って方針で考えでいたんだけど、終盤、特に最終日で全力だした。 今回のコミュでの智絵里を見てたら、なんか触発されちゃったんだよね。

もともと前回智絵里が登場した「Love∞Destiny」のときは不完全燃焼感が残ったから今回は、っていうのがまず下地にあって、コミュやセリフに垣間見える智絵里の変化ひとつひとつが嬉しくて、「よし、俺も智絵里と一緒にあの星を目指すぞー」みたいな気分になっていった。

f:id:ultimei:20160909203719j:plain:w360

最終日、溜めてたスタドリを使いきった時点で10000位のボーダーまでもう少しってところまで来てたから、思い切ってジュエルも割いた上で残り時間でずっと叩きながらボーダー越えた。 以前「パステルピンクな恋」のときは、10000位以内を狙ってジュエル使ったもののその時はダメだったけど、今回は残り時間と現在順位に結構アドバンテージがあったので、だいぶ余裕をもってボーダーが越えられた。

最終的には5987位入賞。 10000位以内、そしてかつ過去最高の「パステルピンクな恋」の時の順位を上回る順位を記録できた。

f:id:ultimei:20160909203720j:plain:w480

せっかくの1周年イベントだから後で振り返って記念に残るような称号を取れればいいなってのも本気出した理由だけど、本気出しただけのかいあって、そこそこに自慢できる称号を貰えたから嬉しいね。



MASTER+にも挑戦したんだけど、今回初めてリトライ無しでクリアできた。 まあメンバーに特技LV最大の冬メロ智絵里がいた上でようやくではあるけど、これまでは回復担当メンバーが2人いてもリトライしまくりで心折れまくってたのと比べれば、今回のMASTER+はだいぶマシになった。

てか今回のBEYOND THE STARLIGHTに関して言えば、MASTER+の方が易しい設計の譜面だったように感じる。 仮にMASTERとMASTER+を同じレベルに揃えたら、MASTER+の方がいいスコア出せそう。 MASTERは結局イベント期間中でもフルコンボできなかったけど、MASTER+は練習すれば何とかなりそうな感じがあった。  MASTERの方はスライド多くて苦手だし、相対的にスライドの少ないMASTER+の方がやさしく感じた。

f:id:ultimei:20160909203723j:plain:w360 f:id:ultimei:20160909203725j:plain:w360

成績のはなしはそんなところ。 MASTER+に挑戦しても心が折れなくなったり、過去のイベント成績を超えられたりと、自分的にもいろいろBEYONDできたことがあったので、達成感と満足感のあるイベントになった。 やってみなくちゃはじまんない、だよ。



さてここからはイベントコミュとかの話。 今回は「ほんとよかったねー!」ってのが総評になるけど、そのうちどれが一番胸に響くものだったかっていったらこれだね。

f:id:ultimei:20160909203727j:plain:w360

「青春」っていう言葉、これが智絵里の言葉として出てくることにひたすら感動を覚えたね。 もちろん、これまでも内心でそう感じるような出来事はたくさんあったかと思うけど、それをはっきり言葉にして言いたくなるほどに充実感や自己肯定感といったポジティブな感情を抱くような体験をしているだろうこと、それに加えて「言っちゃった」とちょっと照れたように言ってるあたりに、これまでだったら言えなかった/言わなかったような言葉を今ははっきり言いたくなったという変化、それを自分自身でも感じてることがこの言葉から透けて見える。 短い一言だけど、この一言に変わったこと、変われたこと、それが全部詰まってるように思えて、最初にこの一言を見た時は、もうなんとも言えない気持ちになった。

で、いつになく前向きな言葉で、最初のうちは胸がいっぱいになりながら聞いてたんだけど、そのうちだんだん聞いてるとこっちまで恥ずかしくなってきたんだよねこれw 智絵里自身が感じてる照れくささまでこっちに伝わってくる感じ。 何度も聞いてるとこっちの嬉しさが溢れすぎちゃって「うんうん嬉しいのはわかったから何度も言わなくてもいいよw」みたいな気分になる。 恥ずかしいセリフ禁止!ってやつだね。 なので親愛度MAXの方で1度きりの言葉として出てきた方が、効果的に胸を貫く一言になってもっとよかったかななんてちょっとだけ思った。

内に秘めて押しとどめがちな子が、それを外に向けていけるようになったことは好ましく嬉しいことだし、「前を向けるようになりました」って言葉にも現れてるようにそれを自分でも感じてる。 それがすごく嬉しそうで、そんな姿を見てると嬉しさを超えてなんか気恥ずかしくなるほどで、あまりの眩しさに思わず目をそらしたくなるくらい輝いてる。 そう思えるようになってよかったね、それがとても嬉しいよ、って思う。

f:id:ultimei:20160909203729j:plain:w360



ほかにも挙げればたくさんあるけど、全部に触れると間延びするだけなのであとは面白かった個所をピックアップ。

f:id:ultimei:20160909203730j:plain:w480
f:id:ultimei:20160909203732j:plain:w480

しまむーのこういう反応は珍しい気がする。 まあ確かにそうなるのはわかる。 自身、最初にギャルモードちえりんを見た時こそ「可愛いいい!」だったけど、少し落ち着いて横に一緒に立ってる川島さんを見た時は似たような反応になった。 なんにせよ唯ちゃんに感謝(-人-) 単に可愛い服を用意してくれたってだけじゃなくね。



この話は「わかるわー…」って感じだった。

f:id:ultimei:20160909203734j:plain:w480
f:id:ultimei:20160909203735j:plain:w480

智絵里と同じくらいの年のとき、同じように友達が連れてってくれたおかげで自分が行ける場所が広がったし、智絵里もそういう友達に囲まれてよかったねって、そういう機会が減った今だから余計に思う。 これも先の唯ちゃん同様、加蓮と川島さんに感謝(-人-) あと話のネタを提供してくれる李衣菜にも。

智絵里は莉嘉とももうちょっと絡みがあったらよかったね。 精神的に大人なメンバーに囲まれて導かれる智絵里が、莉嘉に対してはどう接することができるかってのが見れたらよかったなって思った。 そのへんはまた別の機会にあればいいな。



最後に、地味にじわじわきたやつ。

f:id:ultimei:20160909203737j:plain:w480

f:id:ultimei:20160909203738j:plain:w480

たぶん、智絵里の中ではMasque:radeを音ではちゃんと覚えてるんだけど、綴りはあやふやなんだろうなって感じがする。 紙とペンを差し出して「ここにユニット名書いてみ」って、ちょっとだけ意地悪したくなった。 そのあと、このツイートを思い出してニヤニヤしてた。



ほかにも智絵里ちゃんが寮通いだったってことがさらっと出てきてビビった話とか、「ないですよー」とかちょいちょい出てくる「いぇいっ」が可愛くて鼻血でた話とか、李衣菜とやってたゲームが謎すぎてイミワカンナイ話とかいろいろあったなー。 アクロス・ザ・スターズがかっこかわいいとか、三船さんスカウトした話とかもある。 このへんはそのうち書きたい。

そんな一周年アニバーサリーでした。 楽しかったです。 おしまい。 毎度この締めで恐縮ですがCDの方をはやめにお願いします(-人-)

広告を非表示にする