THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS-ANIMATION FIRST SET-

次から次に円盤が来るわけで、今度は小型の円盤。

収録映像

やっぱお願い!シンデレラのPVが好き。 自分にとってのシンデレラガールズはお願い!シンデレラっていう曲に集約される部分が多いし、アルタビジョンに映った映像の明るさ、物理的な意味での明るさもそうだし、初めて見る動く姿の鮮烈さという意味でも輝いてたし、その時の感動が蘇る。 思い出補正ってやつ。 これまでは限定的な形しか見れなかったから、やっと存分に見れるってのも感動が大きい。 このPVを見れるのはイベントの時か、あるいはiPodの小さい画面で、場所的にもデバイス的にも限られた状態でしか見れなかったけど、これを家でじっくりと見れるわけだからね。 これまで遠くにあったものがやっと近くまできた、って感じる。 もうすぐアニメが始まる、そうすると今見てるものよりもっとすごくてワクワクするような楽しいものが見れる、そう思うと嬉しくてたまらない。

アニメPVの方はYoutubeで何度か見ちゃってるし、なにより先にお願い!シンデレラの方があったから、そこそこかな。 アニマスで言うなら先にOP見たあとでアニメ化告知PVみてるようなもんだし。

あといつも思うけどメニュー画面の作りが凝ってていいね。 再生終わったあとに眺めてるのが楽しい。 ここは簡素に済ますことも出来ただろうに、隅々まで力入れてんなぁって思うし、おかげでアニメに対する期待感も高まる。

そういえばこれより前のアニメ化決定PVの方は入ってないね。 これはこれで好きなんだけどな。 導入の英文も雰囲気出てていいし、線に色がついていくところなんかはまさにアニメ化!って感じだし。

話はそれるけど、今にしてアニマス1stPVを見るとどことなく微妙なイケてなさを感じて面白いw イメージが出来上がった今になって見るとゲームとアニメが噛み合ってないようなヘンな感じがする。

ムック本のインタビューでもシンデレラガールズ初期のCMの話題がでてたけど、それもこの先そんな感じになるのかもね。

ムック本

特製ケースは縦長でカッコよくて、それだけで豪華な雰囲気があるのは好きだけど、それと同じサイズの特製ムック本は読むときにはページを開きづらいのが惜しい。 まぁ不満はそれくらいで内容は満足だけどね。

内容に関して。 インタビュー読んだけどもう信頼感しかねえ。 アニマスの時はこうして欲しいとかこういうのはやだなとか、概ね期待だが不安少々な感じだったけど、アニマス→劇場版と見てきた後のこのシンデレラガールズアニメは、ただ安心して出てくるのを待てばいいという心境。 読む限りやろうとしてることにケチの付け所は無いね。

インタビューの中で何度か「キラキラ」「輝き」っていうようなワードが出てきたのでそこに期待したい。 PV見てるとまばゆい光を放って輝きだす瞬間がいちばん心弾むから、アニメでもそういうのがいっぱい見れたらいいなと思う。

お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix-

以前にPVで使われてる前奏長いバージョン入れてくれって書いたから、収録内容の詳細が出てジャズアレンジって決まったときはそれがかなわずちょっと残念だったんだけど、聞いてみたら半分くらいは願い叶えてくれたわ。 ピアノでの演奏になってはいたけど、イントロに例の前奏が入ってた。 嬉しいね。 要望叶ったという点でもよかったし、曲としてもいきなり歌い出しじゃなくてゆっくり歌に入っていくのも良い。

ソロのバージョンはちゃんみおverが好きかな。 ミツボシ☆☆★とかのパッション全開な歌い方も好きだけど、カバーで歌ってたラブリーのちょっとしっとりした歌い方も結構好きで、このジャズバージョンのソロも割とそれに似た感じ。 ジャズアレンジのゆったりした雰囲気と合わさって歌声が聞き心地がいい。 安らぐって言ってもいい。 実際これ聞いてたら気分が落ち着いてきて眠くなった。

広告を非表示にする