CV発表されて思ったこと

キャラクター全員に最初から声当てるってのを見て、モバマスでも最近声付くようになったしやっぱ最初から声付いてるくらいじゃないと今時訴求力としては心許ないんだろうかなぁというのと同時に、765プロのメンバーがこの先もずっとこのままであって欲しいってのは希望だけど、かと言って765プロだけで、しかも今の形をこの先もずっと続けるってのは一つのリスクに成りうる訳で、そういう当分先のことも考えて今のうちから新しい芽を育てておくような意味合いもあるんだろうなとか考えてたから、だとするとやっぱ今までと同じように若い新人さんが選ばれそうだなと予想してたら、実際昨日発表された人たちはみんなそんな感じで、その中で知ってる人ったら今期みてるアニメで知った人がひとりいたくらいで、あとはちらほらどっかしらで名前を見かけたことあるかなぁくらい。

2010年7月5日にあずみんのブログでアクセス数が一気に増えたって書いてて、直接言葉届けられなくても、そういう数字として期待の大きさを感じて貰うことくらいなら自分にも出来るんだなぁって味をしめて以来、せっかくアイマスに関わってくれるんだから少しでもアイマスに関わって良かったって思ってもらえるよう、毎回キャスト発表がある度に名前覚える意味も兼ねてブログとTwitterのアカウント探して追加するところから始めるんだけど、それを調べるのにWikipedia見に行ってもページすらない人もいて、ぬーとはらみーも確かそんな感じだったけかなぁとか、そのどっちもやってない人はどんな人かわからないからラジオかなんかやってゲストに呼んで欲しいなぁとか考えながら購読リストに入れてたんだけど、一気に増えすぎて読みきれる自信無いねこれ。

今は会長だけど、以前順一朗社長がユニットプロデュース開始から一年後の解散の日に、「君はまだ続けたいかもしれないが他にプロデュースを待っている子たちがいる、その力で新しい芽を育てて欲しい」的なこと言ってたなぁってのをふと思い出してなんだか気合入ってきた。 別にいまのプロデュースは期限付きってわけでもないし、ミリオンライブも多分期限とか無いんだろうし、新しい芽を育てるだけの簡単なお仕事じゃん、みたいな。

広告を非表示にする