バレンタインだし甘い歌声が聴きたいじゃん

というタイトル付けてみたけど、実際のところは時期が重なっただけなんだな。 最近聞いてたくぎゅの歌。

キスシテ↑アゲナイ↓ / ルイズ

2話ED見てその可愛さから深夜にも関わらずAmazonに駆け込んで予約した



ところまでは良かったんだけど、寝て起きて冷静になったらちょっと勢い任せの衝動買いしちゃったかなぁと。 でも聴いてみたら甘ったるすぎないし、セリフもそんなにくどくない。 ルイズの他のキャラソン聴いたときはちょっとウザいなぁと思った記憶があるけど、これは作業中なんとなしに聴いてても煩わしくならなくていい。 衝動買いにしては悪くなかったね。
限定版の方にはカップリングとは別に全部で3バージョン入ってて、普通のと、「〜恋はSから〜」と「〜恋はKissから〜」のみっつ。 曲自体は全く同じで違うのはセリフの箇所だけなんだけど、甘えたいとき、愛でたいとき、叱られたいとき、その時の気分に応じてお好きなバージョンをお選びいただけますって感じだね。 アニメのEDは毎回流れるバージョンが変わってるみたい。 「〜恋はSから〜」はプリプリ怒ってて超可愛い。 このバージョンが一番好きかな。
f:id:ultimei:20120215033007j:image:w640
作詞の森由里子さん、「蒼い鳥」、「約束」の人なんだね。 今までもルイズの曲で歌詞書いてるから殊更言及することでもなんだけど、知らなかったから思わぬところでって感じ。 OPは流したんだからアイステでEDも流せばいいのに。

True Story / 久慈川りせ

>録画しておけばよかった
f:id:ultimei:20120215033011j:image
うん、録画はしてたけど、見終わったあとしばらくして消しちゃった。 後からこんな気に入ると思って無かったから後悔。 仕方ないのでニコ動でポイント使って見返したけどやっぱいい曲。 アニメは音楽がいいと聞いたのでとりあえず見てみたんだけど、OP・EDはともかく期待してた劇中のBGMはそんなでも無くて途中で見るの止めちゃった。 その後、と言うか当初の目的、くぎゅでアイドルと聞いてスルーは出来なかった第9話「No one sees the real me」
f:id:ultimei:20120215033012j:image
OPへの入りでおおっと思ったけど直後のトランペットで無いなと思ったのが放送当時。 りせちーはもうちょっとキャンキャン言うような面倒くさいタイプの子かと思ってて、歌もきゃぴきゃぴしたようなのを想像してたから、そのギャップもあっていまいちだなぁって思ってたけど、間を置いて何度か聴くうちにだんだん好きになってた。 「最初は微妙と思ってたのに後からじわじわ効いてきた」のパターンにハマった曲。 9話以降アニメも見るようになって、りせって子が掴めてから聴くことで印象が変わったのかもしんない。
f:id:ultimei:20120215033013j:image
アニメの時代設定は良く知らないんだけど、曲は80年代とかその辺、松田聖子とかそんな雰囲気? 清純派アイドルって感じ。 こういうのバンドサウンドっていう表現でいいのかな、ストリングスは入ってるけどシンセは使われてないし、ギターもイントロ以降は目立たないし、比較的シンプルで落ち着いた曲だから歌声に聴き入れるのがいい。
特典でCDが付いてくるからこの巻だけはとりあえず押さえておこうと思うけど、OPのメイキングも気になるね。 オーディオコメンタリはくぎゅなんかな。

ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]

ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]


(追記)BD買った→d:id:ultimei:20120226:1330195698

バレンタイン・キッス / 水瀬伊織

この曲を一番楽しめるこの日をずっと待ってた。 もう昨日のことたけど。

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2  -SECOND SEASON- 01 水瀬伊織

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -SECOND SEASON- 01 水瀬伊織


今でも歌い継がれる曲ってのにはそれぞれ理由が伴ってるんだろうけど、この曲の何がそれに当たるかって言ったら歌詞が今でも通じるってところだろうとは思うけど、それよりもこの歌が歌われ続けることがバレンタインってもののあり方にフィードバックされてる面もあるような気もするんだよね。 根拠は無いけど。 何れにせよ自分がバレンタインデーに求めるもの、バレンタインデーってどういう日っていうのはこの歌のとおりだからこの歌は割と好きだし、それを大好きないおりんがカバーして歌うっていうなら、もう言うことないね。 超かわいい。

広告を非表示にする