季節の変わり目/三年/フタリの記憶 〜Strings Of Life〜

おととしも同じような時期に言及してたけど(川の様子/一年/フタリの記憶 〜Strings Of Life〜 - digital live equals ultimate happiness)、これはまぁ季節的なもんだね。 この動画の印象自体強烈だったし、そのあとこの曲に重なった出来事・思い出もあるし。

この動画がアップされたのが8月末で、そのあとのTGS前後の時期も毎日のように見てたこともあって、だいたいこの時期になると思い出して見ることが多い。 映像の青さが涼しげだから単に暑い日に涼みに行くこともあるけど。 ちょうど昨日は8th・TGSのチケットが届いてTGSの話題も出てきてたりして、この曲聴きながらちょっと昔のこと思い出したりした。 秋っぽくなってきて物思いふけった結果出来上がったエントリ。

この動画には今でもTGS2010前に書き込まれたアイマス2を楽しみにしたコメントと、その後に書かれたアイマス2に対する悲観的なコメントの両方がちらほら残ってて、見る度に悲喜交々いろいろあったなぁってのを思い出す。 当時は、発表そのものよりもその後のファン側の反応の方がショックだったな。 どこ行ってもコメ欄は荒れてるし。 しばらく落ち着くまではニコ動始め人が集まるところは避けて、見るのは公式とキャストのブログ・Twitterだけに絞ってたけど、関西圏の放送が聴けないからアイステだけはどうしてもアイマスチャンネル見に行くしか無くて、しばらくはコメントオフにしてた。 それでも動画のコメ表示オフにしても右側のコメ欄では山ほど文字が流れてて、それが目に入ってくるのがやだったなぁ。 言いたいことあるのは分かるけど他所でやってくれよと。 あの時から見るとデレラジ・ミリラジのコメント、特に放送開始前のコメントはほんと和むね。

8thの会場はTGSだし今年も当然何かしら発表があるものと思ってるけど、公式から出るであろう発表そのものに関して言えば期待10割ってところだけど、やっぱ2010年の一件を見てきた人間としてはもしまたあんな感じになったらめんどくさいなぁってのは毎年頭に浮かんでくる。 今年は特にシンデレラガールズとミリオンライブとの絡みがあるから、そういうの好きじゃない人から不満が出てくるのも気になるし、ファンの層も広がってこうも多角的に展開してると全てを満たすのはまぁ無理な話だし。 話は逸れるけど、918事件って言ったほうが分かりやすかったかもしれないけど、嫌いだから使わない。 さも世界史的重大事件みたいに仰々しく表現して事件だ!事件だ!みたいに喧伝して回る感じが嫌いだし、この表現から感じる「この一件を忘れるな」的なニュアンスは、常に変化して前に進み続けることを掲げてるアイマスのスタンスとも合わないと思うし。

あの混乱した時期は当てられてこっちまで気分が荒れることが多かったけど、そういう時にはこの曲を聞いて気分を落ち着けることが多かった。 TGS2010前後でアイマスに対する自分の身の置き方みたいのとか、考え方とか結構変わって、それに従って動画の好き嫌いも変わったりしたけど、そういう変化が多かった時期を経てもこの動画がお気に入りなのは変わらなかったから、これも「変わるもの・変わらないもの」ってやつになるかな。

あと動画に書き込まれたコメントでもう一個印象に残ってるのがあって、「劇場版いおりん」ってやつ。 動画のスケール感、息を呑むほどの映像の美しさ、その辺を指しての「劇場版」なんだろうけど、当時はアイマスもいつか劇場版になるのかなぁ、仮にあってもゼノグラシアだろうなwとか思ってたけど、その劇場版は来年公開だからね。 なんか笑っちゃう。

広告を非表示にする