読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE〜ST@RTING!〜 (LV)

イベント公式:THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE〜ST@RTING!〜 | Lantis web site

  • 会場の様子
    • ライブビューイング、TOHOシネマズ ららぽーと船橋で参加。
    • 入ったときにまず思ったのは以外と男性客が多かったこと。 割合でちょうど半々くらいか。 女性ばっかだったら心細いなと思ったけど、思った以上に多かったし、隣もエンジェルくんだったので気が楽で助かった。
    • 恒例の協賛各社コールで笑いが起きてた。 「それやるのかw」って反応が多かったのが意外だった。 今回がアイマスLV初参加って人が多かったんだと思う。
    • 最後方は未確認だけど見回した限りでは全員終始着席のまま。 以前ミリオンライブの1stでここに来たときはほぼ総立ちだったからこれも意外だった。 LVは座ってみるものという認識が広かったのか、あるいはスクリーンが近いシアターだったからかはよく分からない。
    • じゃあ盛り上がってなかったかといえば全然そんなことはなく、コールで声をあげる人や音頭を取る人こそ少なめには感じたけど、ライトの振れ方だったり拍手等に見える反応からはこれまで見てきたLVと比較しても十分盛り上がってた方だった。
    • エンジェルくんたちは割といつも見るような年齢層だったけど、エンジェルちゃんたちはそれと比べると結構年齢層が幅広く感じた。
    • 最近シンデレラ3rdがあったばっかりだからか、シンデレラの公式ライト持参の人を結構見かけた。 見えた範囲ではSideM公式ライトは見かけなかった。 シルエットとかどんな感じに見えるのか見たかったから残念。 やっぱLV勢だと色替え式のペンライトが多い。
  • 公演中
    • やっぱ男女ともにJupiter登場時の歓声がひときわ大きかった。 記憶されるくらいに分かりやすく大きかったのがJupiterではあったけど、まあどのユニットが出てきてもキャーキャー言ってた。
    • 自分が一番楽しみにしてたところだったからその分記憶が盛られてるかもしれないけど、S.E.Mの『∞ Possibilities』での登場時も結構歓声上がってた記憶。
    • 歓声の上がりどころというか、反応の大きさが男女で違うのが面白かったね。 肩組んだらキャー!手を握ったらキャー!絡み合ったらキャー! 自分含めてエンジェルくんたちもそういうシーンで歓声を上げはするけど、エンジェルちゃんたちのテンションの上がりっぷりには負ける。
    • コールの時は野太くて黄色い、女子だか男子だかわからない声に聞こえたのも面白かった。 聞いたこと無い声質だった。
    • SideM楽曲は10thの告知タイムでDRIVE A LIVEが流れたときにコールしたくらいで、他の曲だとどんな感じになるのか全く分からなかったけど、まあだいたい想像の範囲内というかいつもどおりだったね。 ノリが異質に違うってことはなかった。
    • 楽曲も聴きこんでなくてうろ覚えの部分が多かったけど、隣のエンジェルくんがかなりの練度だったので助かった。 ほとんどすべてのかけ声を外すこと無く入れてたし。
    • 『Study Equal Magic!』でのタケノコダンスが楽しかった。 これも隣のエンジェルくんがおもむろに動き出したのを見て速攻真似した。 曲を聞いてたときはこんな面白ダンスだとは思ってなかったから一緒にタケノコダンスの動きしながら笑ってたわ。
    • 『JOKER➚オールマイティ』のときのクラップの一体感がすごくよかった。 これは覚えてたからやろうと思ってたら、現地もLV会場も一斉にクラップの音がなりだしたから叩いてて気持ちよかった。
    • タオル回しやるって分かってたら絶対持ってってた。 仕方ないからサインライトくるくるしてた。
    • 『Pleasure Forever…』はワイパーもクラップも「うぉうお うぉうお」も全部揃ってた。 だいぶ温まってる中でのゆったりめな曲だから「すごい一体感を感じる!」って気分だった。
    • 前半パートはどのユニットも勢いのある曲で勢いつけていく構成だったけど、その中にあってJupiterは『Planet scape』でしっとりした雰囲気作り上げてて、ある種の余裕みたいなものを感じてさすがだなあと思った。
    • 『Planet scape』はスタンドマイクも使ってて、照明で月を描いたステージも印象的で、見た目にも格の違いを感じた。 演出面で特別扱いされてたというわけではないけど、初ステージではあるものの、これまでJupiterとして積んできた実績と自分が抱いてたJupiterのイメージに見合う様だったから印象的だった。
    • パフォーマンスはどのユニットも全体的にカッコ良かった。 膝をつくようなダンスもあったり、上半身だけの動きを魅せるような振付もあったし、ダイナミックな動き・派手さや荒々しさ・素早さがあって思わず拍手する場面がたくさんあった。 幅広いカッコ良さがあった。
    • S.E.Mの『∞ Possibilities』は曲だけ聞いてたときからライブでどう魅せてくれるか楽しみで、実際も期待通りのものだったけど、逆にBeitの『想いはETERNITY』は曲だけのときはピンと来なかったけど、実際振り付きでのパフォーマンスをみたらやばかった。 凛々しいカッコ良さ。
    • かっこいいだけじゃなくて、ときどき「可愛い」って感想も出てくる。 Wの二人が特にそうだし、High×Jokerの五人も仲良く高校生らしいわちゃわちゃやりとりもそう。
    • あとはS.E.Mの中島ヨシキ氏は今日初めて動いてるところを見たんだけど、MCで(なにこの可愛いおじさん…♡)って思った。
    • 『BRAND NEW FIELD』でだんだん汗が湧き出てくるのが目に見えて分かるのがちょっと面白かった。 6分もある長い曲だからなあ。 いい汗だなあと思いつつ全力コールしながら見てたら、腕ぐるぐる回して糸巻きしてるてらしーの姿でまた笑った。 めっちゃテンション上がって超嬉しそうだったのでちょっと泣いた。
    • 『STARLIGHT CELEBRATE!』もボリューム感のある曲だった。 これも『BRAND NEW FIELD』同様、体感で6分くらいはありそうな濃密な曲だけど、今日ライブで見ててもおんなじくらいだった。 曲が終わったあとの満たされた感覚は半端無かった。
    • 公演中「泣ける」って声も聞こえたし、終盤のMCのときにも嗚咽のような声も聞こえた気がした。 こっちは大雑把にしか追ってなかったからそこまでの感慨を抱くには至らなかったけど、いいもの見たなあって思った。
    • Jupiterは5年越しってものあるし、ほかのメンバーも存分に楽しんだ中で感動も沸き起こってたようで、そういう様子を見てると見に来てよかったなと思う。
    • 今年見に行く予定だったライブはこれで最後だけど、年内最後にいいもの見た感ある。
  • その他
    • 社長が登場して謎のパッション推しだなあと思いながらオレンジ振ってた。 前方の席にみりあちゃんのライトが一つどころじゃない数見えてちょっと笑った。 パッション推しの人いた。
    • S.E.Mの榎木淳弥氏だったと思うけど(間違ってたら申し訳ない)、「2nd・3rdあります!」って言い切ってたとき、ミリオンのピンクの人も1stで似たようなこと言ってたこと思い出したし、実際実現したからもっと言っとけーって思いながら星梨花ライト振ってた。
    • ユニット衣装もケミカルピンクだし、『∞ Possibilities』のときはケミカルライトの方がいいと思ったから、10thでいっぱい買って残ってたウルトラピンクを持ってってぽきぽきした。 ピンクは推せるユニット多いからUP消化捗る。
    • LV会場だと登場時挨拶の最初数人のときは各アイドルの属性に会わせて赤・青・黄色を振ってる人もいたけど、だんだんユニットカラーに収斂していったのが見てて面白かった。 私は誰がどの属性とか全然把握してなかったから最初からユニットカラーで済ませようと思ってただけに、この流れは割と助かった。
    • 一方で名前と顔、どんな人物かを掴んでおくのはやっぱ大事だなと思った。 ステージを見てても、今見てるのが誰だかわからないと結局ユニット単位でしか認識できなくなるし、後になって誰がどれだったかってのが思い出せなくなる。 曲の予習以上に大事かもしれない。
    • 真ん中のMCの大事なところで噛むゆうまたそにわろた。 ゆうまたそ以外もみんな台本持つ指が震えてたからしょうがないと思ったけど、大事な場面で笑いが起きちゃってちょっと勿体無い。
    • 流れ的にアンコールはないと思ったけど、アンコールのかけ声を遮る様に終演アナウンスが流れたときは落胆の声が聞こえた。 構成に問題があったとは思わないけど、でもアンコールの声が上がるのもわかる雰囲気でもあったから、ちょっともやっとした。 こういう流れは他のアイマスライブでも見たことがなかったから珍しい光景だった。
    • それを除けば(といってもそれ自体も大したことではないけど)、1stとして順当にいいライブだった。 見に行ってよかった。
    • ユニット衣装が素敵。 シンデレラとミリオンはいつもお揃い衣装だからユニット衣装があってもいいんじゃというのが最近思うことだけど、今日見て改めて思った。 ユニット衣装の統一感とそれが作り出す曲とマッチした雰囲気は見てて羨ましい。
    • 961時代の歌はなかったし今回はあるとも思ってなかったけど、いつか聞きたい。 M@STERS OF IDOL WORLD!!2016とか2017とかあるかわかんないけどそっちでやればいいと思う。 てかSideM勢も早く来て欲しい。
    • 男性アイドルを応援することに関して感覚や意識に特別な違いはなく、歌声が低くてパフォーマンスが男性アイドルらしい力強くかっこいいものだったという以外は、ごくいつものアイマスライブだった。
    • 最初は女性が多そうだからある種アイマス内異文化体験が出来るのかもと期待半分不安半分な感覚だったけど、意外と男性も多かったし、雰囲気自体もだいたいいつものアイマスライブ。
    • 終演後すぐ退出したので名刺交換はやってたかわからないけど、たぶんやってたんだろうなと思う。 少なくともアイマス最高はやってた。

現地の様子を見に行きたくはあったけど結局行かなかったから物販で買ったものはないし、大した写真はない。

f:id:ultimei:20151206185749j:plain:w480

パンフ。

f:id:ultimei:20151207013911j:plain:w480

広告を非表示にする