七森中♪はっぴ〜ぱ〜てぃ〜 夜の部

七森中♪はっぴ〜ぱ〜てぃ〜 | アニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト

行ってきた! オールスタンディングのイベントへの参加は今回が初めてだったから、行く前は多少の不安があったけど、壁際で見てたからそこまで密集してなかったし、そもそもゆるゆりイベントは基本平和だし、無駄な警戒だった。 主にスクリーンを通してでしか見れなかったとはいえ、会場に居る感覚としてはやがいふぇすと近い感覚で見れたし、いつもどおり楽しかったわ。


いつものマイナビさんによるライブレポ。

夜の部でも次に繋がるお知らせは無かったけど、実際の所、三期の一区切りではあるけどこれでおしまいという気分で見に行ったわけでもなく、今回はあえてお知らせなしってこともある程度予想はしてたから意外ではなかった。 むしろひとりひとりのコメントでもみな「続けたい」ということを言ってくれたから、それだけで十分「次」に期待ができる。 いきなりまとめっぽいけど、終わったあとにまた見たいなと思う、いつものゆるゆりライブイベントだった。

以下感想など。

物販〜開演

まずは物販の話から。 最近ずっと夜型が極まってて、仮眠して始発の時間帯に起きる方が楽だったので、今回は早めに行って物販だけさくっと済ませることにした。

物販

06:30 豊洲PITに到着。
f:id:ultimei:20160321012414j:plain:w360 f:id:ultimei:20160321012416j:plain:w360
到着したときでざっと100人ぐらいが既に並んでた。 スタッフによる誘導や列整理はなく施設沿いにぐるっと待機列が伸びてたけど、この時点では最後尾はまだ施設裏のロッカーと倉庫のあたりの位置。 雲は晴れてたけど日はまだ差してこないし、その晴れ間も一時間後くらいには雲で覆われて、さらに川沿いで海が近いだけあって風も常に吹いてて寒い。 震えるほどではないけど体温は地味に奪われる。

7時になるころには既に伸びた最後尾が橋の上にまで達してたので、橋の上に並んだ人たちは風にさらされまくって大変そうだった。 早めに着いてよかったし、暖かめの格好していって良かった。 期待したほど暖かくならなかったし、雲はどんどん厚くなっていったので、雨女が二人も揃うとこうなるのか、頼むから降らすのだけは勘弁して><とか思いながら待機してた。

08:15 1列だった待機列がスタッフの誘導で2列に圧縮されて、物販記入用紙が配られる。
f:id:ultimei:20160321012418j:plain:w480
この目で確認したわけではないけど、増え方のペース的に考えて、列圧縮が始まる頃には橋を渡りきって対岸に至るくらいの人数は並んでたかもしれない。

08:45 物販開始&列移動。 公式には08:40頃スタートするとアナウンスがあった。
f:id:ultimei:20160321012420j:plain:w480
寒かったから早めの開始にしてくれて助かったね。 物販コーナーとの仕切りの柵の手前に置かれたフラワースタンドを見ながら物販列が進んだので、移動しつついくつかぱしゃり。 なちゅやちゅみ&歩き方街歩き編で出てきた店舗等からもフラスタ来てて、見た時はおおって思った。 この企画人さんわざわざ向こうに出向いたりしたのかな、なんにせよGJだわ。
f:id:ultimei:20160321012422j:plain:w360 f:id:ultimei:20160321012424j:plain:w360

09:00 買い物終了。 本来の物販開始時刻には買い物が終わらせられて、想定してた10時頃よりも一時間近く早く済んだ。 このあと一旦撤収して、食事&本眠したのち夜公演へ。



17:35 再び豊洲PITに到着。 チケット整理番号はかなり後ろの方だったし、よく見える位置なんて狙いもしてなかったので、まったり入場。
f:id:ultimei:20160321012426j:plain:w480
荷物はないけど出来れば上着は締まっておきたかったから、ロッカーの空きだけが心配だったのだけど、それも建物内に置かれたロッカーの方はかろうじてわずかに空きがあったのでよかった。

入場〜開演前

場内に入って見渡したところ、多少の隙間はあるけど、最後方のブロックまで埋まりきってた。 オルスタイベントは初だし、いい機会だから前方はどんな様子かなと思って隙間を縫いながらのぞきにいったけど、ガチガチに動けない程には密集してなかったし、思ったほど殺伐としてもいなかった。 様子見だったので割り込むつもりは全くなかったけど、さすがに頑として動かない人はそれなりにいたね。 結局、後方のブロックでもステージが見えなそうだし、それなら多少隙間が残ってる方がいいと思い、当初の予定通り壁際に位置取った。 身長が欲しい…。

場内BGMはゆるゆり楽曲じゃなかった。 開演時間が近づいて、BGMが途切れる度に「おおっ?」とどよめくんだけど、結局次のBGMが流れるだけ。 しびれを切らした誰かが「はよやれ!」と言って、そこから自然とBGMに合わせてクラップする流れになった。 あれは不思議な一体感だった。 そうこうしてるうちにチャイムが鳴って、七森中☆はっぴ〜ぱ〜てぃ〜、はっじまっるよー!



七森中☆はっぴ〜ぱ〜てぃ〜 夜の部

歌パートその1 (ごらく部)

  • #1『ちょちょちょ! ゆるゆり☆かぷりっちょ!!!』
  • #2『うぃーあー!ごらく部』

さん☆ハイ! 始まったけどステージ全然みえねえwww 予想してたし最初から映像待ちのつもりで望んだけど、予想通りすぎて笑っちゃったねw まあ見えないといっても、生のごらく部を目視確認できないだけで、ステージ上方から吊り下げられたスクリーンにはカメラからの映像が映ってたので、音しか聞こえないってわけではない。 そういうわけで今回は全編通してほとんどスクリーンを見てた。 ただぶれーどを高く掲げれば向こうからは見えるだろうから、いつもよりもそれは心がけた。 見えないけど見てるよーってね。 そのせいで後日筋肉痛にはなったけど。

前回がくえんさいでは『うぃーあー』はアンコールとなってたけど、今回は先にやる流れ。 個人的にはこの曲は先にやる方が好きかな。 セットリスト的な好みのほかにも、この曲で今回新しく買った「ごらく部れ~ど ふぉ~」の色替え練習が出来たという意味で、セットリストの早めの位置に置いてくれたのは助かったね。 『うぃーあー』では各人のソロパートが順番に来るから、それに合わせて色を切り替えて新ごらくブレードの扱い方を掴んだ。 この後のMCでも、ゆかちんが綺麗に色が変わっていくのがすごいと喜んでたね。 タイミングに合わせてボタンぽちって押すだけでゆかちんが笑顔になるんだぜ? ごらくブレード最高かよ!

MC1 (ごらく部)

ごらく部揃ってまずは挨拶。 「今日一の\アッカリ~ン/」「今月一の\キュピーン/」「良心の⊂(・∀・)⊃ヤッT!」「今年一の\はっP/」てな流れ。 女子ゆらーのヤッT!の声はいつもならまばらに聞こえる感じだけど、今回は女性エリアが用意されてたからそこから大きく聞こえたね。 あんだけの声量の女子ゆらーヤッT!を聞けたもんだから思わずおおってなった。 津田ちゃんもさぞかし嬉しかろう。 「三期の集大成」という表現はラジオやニコ生等でみかしーが何度も口にしてたけど、このMCでも「悔いのないように!」ってみかしーが意気込みを表明してたのが印象的だったな。



歌パートその2 (ごらく部・生徒会)

  • #3『ゆりしゅらしゅしゅしゅ』
  • #4『おひるねゆにばーす』(生徒会ver)

MCを挟んでも矢継ぎ早にテンション高い曲が来るとゆるゆりライブだなーって感じがする。 ゆりしゅらはホントコールが楽しい。 話はそれるけど、前回のがくえんさいは密集してないのにTシャツ一枚でも暑かったけど、今回のはぴぱはがくえんさいより密集してるにも関わらず、Tシャツ一枚だと涼しいくらいだった。 壁際だったせいもあるかもしれないけど、警戒するほどの暑さじゃなかった。 まあゆりしゅらはへい!へい!のところで軽くジャンプしたりしてたから、終わった後には背中と脇に汗滲んでたけど。

ゆりしゅらで上がったテンションで『おひるね』のイントロが聞こえて来たから「意外な構成だな」と思ったら、ごらく部ではなく生徒会が登場。 しかも衣装は着ぐるみパジャマときた! 生徒会がこの曲で登場するとは思ってなかった上に、登場時の衣装が制服じゃないという驚きのダブルコンボだったから完全に意表を突かれたね。 ごらくブレードの扱いで戸惑いながらうおーうおー言いまくってたらいつの間にか曲終わってた。 生徒会組の色をライブで振るのは今回が初めてだったから嬉しかったね。 色選びはまだ慣れなかったけど、生徒会カラーを振れた喜びは大きい。

MC2 (生徒会)

衣装の着ぐるみパジャマのフードを被ってみんなに見せたり。 愛生ちゃんのしっぽアピールが最高だったね、あのしっぽで叩かれたいわ。 ごらく部のパジャマ姿はもう何度も見たけど、生徒会が着てるのを見るのは初めてだったから、可愛さにニヤニヤしっぱなしだった。 中でもひつじのさっきーが可愛すぎて笑ったね。 「おやすみのときは私のことを数えてね♡」とか言ってたから(うおおお数えるうううう)って思ってた。 さっきーが一人、さっきーが二人・・・( ˘ω˘)スヤァ

やがいふぇすのゲストで登場した時にもちらっと言ってたけど、生徒会メンバーでよく会ってるみたいだね。 プライベートでもよく会うって話題の時に出てきた「会合」って表現にワロタ。 生徒会会合(女子会)って書くと妙な笑いがこみ上げてくる。 ごらく部と変わんねーなw



歌パートその3・キャラソン(ごらく部)

  • #5『ハイっ!アッカリーン』
  • #6『ぴんぶら☆ピン -Pink★Black☆Pink-』
  • #7『ついておいでよ』
  • #8『GO!GO!ミラクる』

ここからは衣装チェンジして、イベント公式HPやパンフレットにも載ってるなもり先生デザインの衣装で歌唱。

最初はあかりの『ハイっ!アッカリーン』。 みかしーが新衣装での登場一番手だったから、衣装ばっか見てた。 スカートのチェックが可愛いなあとか、帽子の色がチョコレートで赤いリボンが付いてて、ラズベリーソースが掛かったチョコケーキみたいで美味そうだった。 ビタースイート衣装とはまたちょっと違ったメイドっぽさのあるフリフリ感がいいね。 コールがおろそかになりつつ可愛いなーと思いながら見とれてたけど、そのせいでサビの後にやってたピースサインが3ピースだったかどうかを見落としちゃった。 三期に合わせての3っぽく見えたけどどうだったろう。

次がちなつの『ぴんぶら☆ピン -Pink★Black☆Pink-』。 この曲のとき、モニターにはライブ映像ではなく歌詞が出てたから、歌ってるるみるみの映像はサビのときしか見れないという仕様。 その分コールは全力でやらせてもらいましたが。 そういうわけで全ては見れなかったものの、サビのダンスを見て思ったのは、るみるみのダンスはメリハリがキレイで見てて爽快感があるね。 「決まったあああ」ってポイントが度々出てくる。 そういえば\チーナに捧げるアイラブユー!/はどこに入れるのか結局タイミングがつかめずだったのが悔しい。 実際やってた人がいたのかどうかもよく分からなかった。

結衣の『ついておいでよ』はチーナコール連発のあとだと小休止になって助かった。 ゆったりめの曲調と、結衣・津田ちゃんの柔らかい雰囲気に和む。 この曲はクラップを煽る姿が可愛いかったね。 前傾気味の姿勢で下に大きく半円を描きながら4回(?)クラップするところがすごい好き。 よかったら一緒にやってねーって感じで楽しそうにやってるから、自然と一緒にやりたくなる。 この曲含めて、今回のはぴぱではクラップする曲が多いように感じた。 ブレード持ちながらだとうまくクラップできなくなるわけで、もうちょっとクラップのタイミングを予習しておけばよかったなと思った。

最後に京子の『GO!GO!ミラクる』。 \ヨロレイヒー!/が楽しかったのは曲を聞いたときからの予想通りだったけど、それ以上に楽しかったのはサビでの振りだね。 腕をぐるぐる高く回したり、指揮者みたいに指を動かしたり、ここがリウム持ってるときにするような動きに見えたから、振りコピしながら同じ動きを真似してた。 ここで振りコピやってる人は見かけなかったけど、やってもいいんじゃないかと思った。 あとは「ひまわり畑」だね。 はぴぱブレードで黄色を出しつつ、旧ブレードで緑を出す。 仮にブレードが入手できなかったら黄色をどうするか迷ってたけど、はぴぱブレードのおかげでゆかちんをひまわり畑に連れて行ってあげられたよ。 ありがとう、ごらく部れ~ど ふぉ~。

歌パートその4・デュエット曲

  • #9『ふたりスタイル』

アニメの綾乃と千歳の二人が服を買いに行くシーンがスクリーンに流れたあと、ドレス姿の二人が登場してビビった。 この衣装は想像してなかった。 あまりに衣装が綺麗なもんだから「おいおいなんだよ今日は二人の結婚式だったのか結婚おめでとう」って気分だった。 とても素敵な新婦新婦でしたね、あれは。 この後のMCでも歌詞と衣装のリンクについて触れてたけど、キャラクターカラーのリボン付きのコサージュを付けてたりして、その上白のドレス、あれもいいなこれもいいなを全部盛りって感じ。 途中からシャボン玉まで噴き出してきて幻想感アップ、曲調と相まって夢見心地な雰囲気だったね。

  • #10『恋のダブルパンチ』

曲に入る前に三期のワンシーンが映される流れは以降も同じで、ここではさくひま二人が宿題をやるシーンが流れた。 そして歌うのはダブルパンチ。 今回は三期の曲しか念頭に置いてなかったから、この曲はすっかり予習範囲から抜けてたね。 まあ予習しなくても余裕有馬温泉な曲だけど。 ふぇすてぃばるをBDで見たときからいつかこれを生でみたいなぁと思ってたから、今回ようやく見れて嬉しかったね。

ただ一つ残念なことは、ダブルパンチ二連発のところで、ゆかちんとるみるみのコメンタリーでの一件を思い出して吹きかけたこと。 「だぶるぱーんち♪」の後に二人の「ああん♡」って幻聴が聞こえてきて参ったねw おのれ姉妹め… このとき舞台袖で待機してたであろう姉妹二人が何してたか気になるねw コメンタリor映像特典に期待。

  • #11『Bitter Sweet ぱらどっくす』

そしてその問題の二人。 問題の、とは言うけどステージ上での二人はほんと姉妹かってくらい息ぴったりだったからさすがだわ。 映像では風邪をひいたちなつのお見舞いに行った京子のシーンが流れてたけど、そこからのこの曲ってのがまたグッと来る。 「手つなごうよ」「今日だけですよ」のところで二人の繋ぐ手をアップにしたカメラさんはマジGJでした。

やがいふぇすでの名場面でもあった「まいっかな」のところ、今回はどんなものを見せてくれるかと楽しみにしてた。 期待に胸膨らませながら見てたら、今回はゆかちんが後ろからそっと両手でるみちゃんの肩を抱きよせて、それにるみるみが身体を任せるのを見て、やってくれましたわァー!とわたし大歓喜ですよ。 デレってレベルじゃないデレじゃないですか。 さすがこの二人は期待に応えてくれる。 この最強に胸キュンなひとコマをやり終えても曲はまだ続く。 その間、二人ともガチで照れてるようなニヤニヤを抑えきれないような笑顔を見せてて、「なんだよ二人ともめっちゃ楽しんでんじゃねーかよwww」と、それはそれはニヤニヤしながら見させて頂きました。 ほんとこの姉妹は最高だぜ。 このペースでちなつがデレていくと次のイベントだとどうなっちゃうんですかね…

  • #12『はぁと☆チェイス』

映像は雪かきをする結衣とあかり。 雪のイメージが残ったままイントロが聞こえてきたせいか、キラキラ感がマシマシに感じた。 加えて、イントロだけの一瞬でやがいふぇすでの初披露時の衝撃的な感動を思い出して、それだけで思い出し泣きした。 この曲にはもう不思議な感覚が伴ってて、条件反射的に泣ける曲になってしまった。

今回もやっぱりダンスの綺麗さにうっとりしてたけど、できれば映像越しではなく、この目で直に歌ってるところを見たかったね。 生と言えば生ではあるから雰囲気こそ味わえはしたけど、視覚的にはスクリーン上の映像越しでしか見れなかったのはやっぱ惜しい。

歌パートその5・キャラソン(綾乃・千歳)

  • #13『そわそわ!?ワンスモア』

ここからは再びソロ曲。 さっきーは柔らかい笑顔になった時の可愛さが半端ない。 目が線のようになったときの表情がすごい好き。 なんとなく、さっきーの楽しそうなときと綾乃の楽しそうなときの表情はよく似てる気がする。 綾乃と同じくポニテにした髪型も好きで、歌ってる最中このポニテが揺れるのを見てるだけでうっとりする。

  • #14『イッツハッピーデイ!!』

可愛い曲なのに愛生ちゃんが歌うと艶っぽさというか色気が増し増しになってすごい不思議な感覚になる。 しかも背が高いから、みんなと同じデザインお揃いの衣装のはずなのに、全然違って見える。 スカートの丈が身長の分だけ相対的に短く見えるから、時々はぁと☆チェイスの衣装に似た感じに見えて、昔のアイドル感が漂う雰囲気だった。 そんな格好でダンスを魅せたあと、間奏明け手前でクルッとターンしてから再び歌に入るところは最高だったなあ。 巻き戻して何度でも見たいワンシーン。 もちろん脳内REC余裕でした。

MC3 (二年生組)

ここでは二年生組の4人が登場。 「二年生組なので大人しめな佇まいで…」とかゆかちんが言ったときは「おいおいw」って思ったし実際\えー!/って声が上がっててまた笑った。 「私も一緒♡」みたいな言い方だったけど、ゆかちんはどう考えてもそっちじゃないだろw 各々の衣装の相違点についてのトークで、愛生ちゃんと津田ちゃんはショートソックスが共通点という話題になったとき、「わー一緒だー!」みたいな子供みたいな無邪気な喜び方してた津田ちゃんが可愛すぎた。 津田ちゃんがたまに見せる無邪気な感じほんとすき。

『ふたりスタイル』を歌ってた間、ゆかちんはひとりステージ袖で「ひとりスタイル」をやってたって話が面白かったのだけど、それに続けてさっきーが言った「みんなもぜひ家でひとりスタイルやってね」には笑った。 鏡みながら手で半分になったハートの形をつくればいいのかな。 それはさすがにやだよきついw



トークに続けて、ここではミニゲーム「フィーリング対決」を披露。 ふたり組になって、それぞれ出されたお題に沿ったポーズをやって同じだったらOK、というゲーム。 チーム別けは津田ちゃん愛生ちゃんの「チーム・ショートソックス」とゆかちんさっきーの「チーム・無茶ぶりドS」の二組。 出題と実演は交互に入れ替わり。 ここはあれこれ書くより実際に見てもらったほうが面白いだろうから、以下ざっくり。

お題その1:「甘える猫のポーズ」
出題はゆかちんさっきー、実演は津田ちゃん愛生ちゃん。 実際やったポーズよりも、ゆかちんのリクエストで「津田にゃんにゃん♡」をやらされる津田ちゃんにテンションが上がった。 これをみた愛生ちゃんが、「これを自分もやるのか…」みたいな表情しながら照れるのが最高に可愛かったね。
お題その2:「とにかく明るい猫の大坪由佳
入れ替わって出題は津田ちゃん愛生ちゃん、実演ゆかちんさっきー。 ゆかちんは荒ぶる鷹のポーズみたいなギニュー特戦隊みたいなポーズしてて、さっき言ってた「おとなしめな佇まい」とは程遠いポーズな件。
お題その3:「今日一のサディスティック」
スピーカーに片足載せて客席に挑発的なポーズを魅せる二人。 津田ちゃんはポーズに合わせて表情も付けようとするんだけど、イマイチ決めきれなくて戸惑い混じりのまゆが下がった表情だったのが可愛いかった。
お題その4:「すごく恥ずかしいみかしーのポーズ」
お題に「みかしー」が入ったとき、ステージ袖ではみかしーがNGのサイン出しまくってたらしいw そのあとすぐOKに変わったらしいけど。 この時のステージ袖のみかしーの様子を特典映像に収録してほしいわw で、実際披露されたポーズは半目で笑いながら手を振るさっきーとゆかちん。 二人が完全に一致してたのも笑ったけど、去年の6時間ニコ生でやってた愛想笑いのみかしー(↓)とも完全に一致しててこれを思い出して滅茶苦茶笑ったw

f:id:ultimei:20150920223051j:plain:w480



歌パートその6・キャラソン(さくひま)

  • #15『サクラコ☆いんとろでゅーす』

櫻子様きたああああ! ってテンションは上がったけど、実の所次の曲でさらにテンション上がったせいで結構この曲の印象が飛んでしまって、櫻子には申し訳ない…

アンコール!を入れるタイミングが難しかったわ。 会場は公式さんの提案した通りにアンコールの大合唱にはなってたけど、それに合わせてやるとまだ歌ってるのにそれを遮るような形になっちゃうから、乗るべきかどうか迷った。 今回の見てた感じだと、アンコールを始めるのはもう2フレーズくらい後のほうがいいかなと思う。

ともあれ、櫻子だったら歌い終わりはこんな感じで決めそうだなって感じのドヤ感あふれるピースサインが良かったなあ。 アンコールもらってご満悦って感じだった。

  • #16『恋はあまのじゃくですわ』

歌い出す前にみもりんがステージ中央にすっと立って、その瞬間の一瞬の静寂にぞわってしたね。 伴奏なしでいきなり歌いだしの曲だから難しそうだけど、そこはさすがみもりん。 三期キャラソンの中で一番楽しみにしてた曲だったから、テンション上がってコールするのと歌声に聞き惚れるのとで忙しかった。 じっくり聞きたいようなはしゃぎたいような、どっちつかずの良くわからないテンションだったから、向日葵が見てたら「全く落ち着きないですわね」って言われそうな動きしてたと思う。 合間合間のコーラス部分では、はい!はい!とコールする形になってたけど、それはやらずにひとりこっそり一緒に口ずさんでた。 この曲のコーラスほんと好きなんだわ。 ソロ曲の中では一番楽しみにしてた曲だったから、見れて滅茶苦茶嬉しかった。

MC4 (一年生組)

先の2年生組と同じく、衣装紹介から。 帽子に付いてるアクセについて触れたのち、みかしーは言われなくても自ら回って衣装全体を見せていくスタイル。 そんなに見てほしいかw 実際、全体が見れて嬉しかったけどね。 回って見せたがるほどにみかしーはこの衣装気に入ってそうな雰囲気だったところがまたいとかわゆし。

恋のダブルパンチについて、みもりんが言った「久々すぎて歌うのが怖かった」という話が「ほお…」と思った。 確かに歌ったのは三年前のふぇすてぃばる以来だしなあ。 こっちは割と日常的に聞いてる曲で、演る方はだいぶブランクがあるっていうところにまずギャップはあるけど、それを「怖い」とまで感じることにこの曲にかけた本気を感じつつ、生徒会にとって久々の舞台なんだなってのを改めて思った。 もうひとつダブルパンチ絡みの話で、練習のときに背中合わせと向かい合わせになるところを間違えて二人とも同じ方向を向いてしまって、「前へならえ」みたいになったっていう失敗談が面白かったね。



トークのあと、今度は一年生組で再び「フィーリング対決」。 チーム分けは、みかしーえみりんvsるみるみみもりん。 チームごとに別れたあと、ペアになったえみりんと手をつないで、その後もなかなか手を離さずおさわりしまくってるみかしー… この時えみりんめっちゃ困惑しててワロタw 以下お題と実演、おもしろポイントざっくり。

お題その1:ラブリーポップな小悪魔
このお題を受けてみかしーが「ようするにるみちゃんのマネすればいいんだね」みたいな事言ったときはワロタ。 それ思ったわw 昼公演で「天使の反対は女王様」との迷言を発してたことを受けてのテーマだったらしい。 昼で何があったのか詳細が気になるところ。
お題その2:百合っぽい可愛い謝り方
二人とも上目遣いで両手でごめんねのポーズ。 るみるみは安定のあざとさ。 みもりんのあざといところは見たことなかったから新鮮だった。
お題その3:若い人妻がキッチンで味噌汁の塩分の加減を確かめるポーズ
みもりん発案の具体的なシチュにワロタw 元ハニー枝織ならこのお題も鮮やかに決めてくれると信じてた。
お題その4:はぴぱが楽しすぎてテンション上がっちゃった犬
最初は犬じゃなくてエイリアンとか言ってて無茶ぶりにも程があったわw


ここで二年生組も合流して全員集合。 登場時、この対決を袖で見てたさっきーが「ツッコミ不在の恐怖」って言っててワロタwww それなwww

全員揃ったところで、色の揃いが戦隊モノっぽいということで戦隊物のポーズを披露。 姉妹が相変わらず妙なポーズを決めて笑いを取りに行くのに全力で、さみっとを思い出すなど。 一方で、津田ちゃんはGLAYのTERUみたいな、腕を広げて天を仰ぐポーズしながら神妙な顔つきしてたのが地味にツボった。 しかも真ん中のちょっと引いた位置だったのがまた面白さに拍車をかける。

その後、今度はごらく部vs生徒会で「フィーリング対決」。

お題その1:眠たそうなハムスターがひまわりの種を頬張りながら好きなハムスターに告白する顔
お題がポーズじゃなくて顔限定になっててワロタwww 青二組二人が披露したポーズが体調悪そうって言われてたけどほんとにそうにしか見えないから可笑しかったわ。
お題その2:寝起きの髪に触れながら宇宙人がこの衣装を使ったとっても可愛いポーズをする
てかお題長すぎだろwww お題の決め方も、やがいふぇすのあいうえお作文みたいに一人ずつ繋いでいく流れで生み出されていくところに、ごらく部のチームワークの良さを感じたり。

歌パートその7 (ごらく部・生徒会)

  • #17『みゅーじっく☆フィーバー』
  • #18『ちょっとラブソング』

『みゅーじっく☆フィーバー』の途中で、色とりどりのお団子、もといバルーンが落ちてくる。 青と赤が近くを飛びはねてきたけど、全部で4つくらいあったから、たぶんごらく部4色分があったんじゃないかなと思う。 『ちょっとラブソング』にさしかかったあたりで、ちょうど真上にバルーンが来たのでジャンプして跳ね返した。 久々にバレーボール的な動きをしたわ。 曲の終わり頃には、スタッフさんがバルーンを回収しに来てたんだけど、それに気づかずにみんなが思い思いの方向に打ち返すから、スタッフさんが飛んでいった方へ追いかけていく様子が見えてちょっと笑った。 そんな感じでこの二曲のときはバルーンの方に結構気を取られてしまったね。 バルーンが飛んできてスクリーンが見えなくなることも多かったし。 でも楽しかったわ。 歌とダンスをちゃんとは見れなかったけど、でもこういうのは現地でしか楽しめないし、悔いはない。

  • #19『きみがくれたシャイニーストーリー』

この曲のときは、ステージ上に吊り下ろされてたスクリーンは一旦上がって、映像は全く見れなくなった。 ステージ上にはミラーボールとたくさんの輝く星しか見えなかった。

誰かひとりでも今歌ってるときの表情や伝えようとしてる気持ちを見たくて、背伸びして頭と頭の隙間からステージを見た。 どうにか見えたのがみかしーだったけど、想いを伝えようと終始まっすぐな表情で歌ってる姿が見えた。 この曲で一旦スクリーンを上げたことは、見てる間も不満は全くなかったけど、あとになってその意味を考えてたら、ミラーボールの都合もあったんだろうけど、それとは別に、この曲を聞きながら、最終話のエンドロールのようにこれまでのことを思い出して振り返りながらこれからのことを考えてほしかったのかなと思った。 そうじゃなくても最終話のことを思い出しながら聞いてたけど、もしそういう意図だったとしたら、無理してステージを見ようとしなくてもよかったのかもなあと思った。

  • #20『あっちゅ〜ま青春!』

「これが最後の曲です」と短い繋ぎが入ったあとに、生徒会も参加して全員で歌唱。 ここまでほんとうにあっちゅ〜まだった。 春夏秋冬とコールしながら、ちょっと前に三期決定して最近三期始まったばっかじゃんかよーとか思いながらあっちゅーまを実感してた。 そして「これが青春だー!」のところで全員がぎゅっと集まってポーズ。 ふぇすてぃばるでの「え〜る♪」でも同じように集まってポーズしてたけど、それと重ねてまたあっちゅーまだと思ったし、次にこれを見れるのはいつかなあとかいろいろ考えて気持ちがごちゃごちゃになった。


アンコール

  • #EN1『Precious Friends』

いつもの真っ赤な\アッカリ~ン/コールを経て、ごらく部が登場して歌唱。 歌の途中、立ち位置を移動するゆかちんのまっすぐな表情の横顔がスクリーンに映って、それを見た時は泣きそうになった。 普段いつも笑顔(か変顔w)のゆかちんが、なかなか見せない真面目な表情をしてるのを見るとそれだけで泣ける。 そのうえ横顔っていうのが余計切なげに見せる。 もうナイチャイソーですよ。

そして曲の最後には、全員が手を繋いでこちらに向かって揃って二歩三歩踏んだ後、全員での一礼。 ふぇすてぃばるのときのように光り輝く「次」に向かっていくような演出であってほしくもあったけど、このあとのMCで言ってたことを考えるとこれでよかったんだろうね。 ありがとうの気持ちは伝わってきた。

歌い終わったあとは、最後にひとりひとり挨拶とコメント。 ひとりひとり言葉は違ったけど、ありがとう、これからもよろしく、というのはみな共通したところだった。 3期が決まって今日一区切りするまでを見てきたけど、コメントを聞いてる間もこれで終わりという感覚は全くなかったし、2期が終わったあとから入った自分としては、3期が決まるまでの「次」が見えない期間も楽しい時間を続けようとしてたごらく部を見てきたから、みかしーの「楽しい時間を続けていきたい」っていうコメントには頼もしさを感じたし改めて期待も抱いた。


そして最後の曲。 もう全部振り切って全力で楽しもうってだけだから、何を考えてたとかどんなものを見たとか振り返っても出てこないね。 ステージが明るかったなあってのしか思い出せない。 とにかく楽しいだけの時間だった。

終演後

混雑しながらロッカーから荷物出して、外に出て交換したドリンクを飲みながら、しばしクールダウン。 時刻は20:55。

f:id:ultimei:20160321012428j:plain:w480
f:id:ultimei:20160321012430j:plain:w480

帰り際、日中写真に撮ってなかったフラスタを見かけたのでぱしゃった。

f:id:ultimei:20160321012432j:plain:w480

よし帰ろうと会場を後にしようとしたら、千鶴役の桃ちゃんによく似た子がいた。 数人と談笑してた。 ただ本人っていう確証はないし、来てたとしてもここにはいないと思うし、たぶんよく似た子なだけだとは思うんだけど、それにしても似てた。

帰りは今日歌われなかった曲を聞きながら帰った。 『ハッピータイムは終わらない』を聞いたら「まだまだつづくよー!」でやばかったし、次があることを楽しみにしながら『MY SWEET MEMORY』聞いてたらやばかったし、今度は千鶴もミラクるんとライバるんも来て欲しいなあとか思いながら『え〜る♪』聞いてたらやばかったし何聞いても涙腺評論家になりそうだった。 各ソロのカップリングも聞きたいし、今回の新衣装もまた見たいし。

おみやげ

以下今回のおみやげ。 パンフ。
f:id:ultimei:20160321012434j:plain:w480

缶バッジは京子櫻子の落ち着きないフリーダムコンビ。 この二人のデュエットも聞きたいし。
f:id:ultimei:20160321012436j:plain:w480

そしてブレード。
f:id:ultimei:20160321012438j:plain:w480

ところで、パンフに掲載されてる総作監のまりちゃんイラストに「筋肉痛は遅れてやってくる」って一言が添えられてて、イベント前にこれを見た時は「それなーw」みたいに思ったけど、イベントが終わって改めてパンフのまりちゃん見返したときには「それな…」ってつぶやきかけた。 ここ数年はサイリウム振って筋肉痛なんて全くなかったんだけど、ブレード二本持ったり高めに掲げたりしてたから今回は結構きたわ。

広告を非表示にする