読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超音楽祭2017@ニコニコ超会議2017 DAY2 THE虎牙道&FRAME

もともと書く予定が無かったのでスクショをほとんど撮ってなかったんだけど、見てたらやっぱり少しでも書いときたかったので軽く一本。



去年の超音楽祭SideMステージを見てる間にカラフルなコメントが流れて思ったこととして、「もし次にニコ生ライブをやるころにはもっとデビューユニットも増えて、コメントの色ももっとカラフルになるんだろうな」ってのがあった。 一年経って同じ超音楽祭のステージでSideMが出ることになって、実際カラフルになったかどうなったかが今回の楽しみのひとつだったんだけど、予想通りかつ期待通り、冒頭からコメ色が去年以上にカラフルになってたね。 それぞれユニットがデビューして着実にファンを掴んでるんだな―と思って、それだけでだいぶ満足感があった。

f:id:ultimei:20170430191146j:plain:w480
f:id:ultimei:20170430191147j:plain:w480

「315ってなに?」みたいなコメントと、それに答えるコメントもあって、まだファンじゃない人も、それを引きこもうと熱心にP活するコメもちらほら流れてて、ここきっかけでまたファン増えたりするかもなあっていう期待も持てた。



そして2ndライブは結局行かずじまいだったから、FRAMEとTHE虎牙道のパフォーマンスを見るのは今回始めてだったんだけど、315プロも1年たって素敵な人材が山ほど集まったなーと思った。 熱気と勢いがすごかったね。 歌はたまにラジオとかでなんとなく耳にはしてたけど、それがライブという形でパフォーマンスがつくと、2ユニットとも半端ない熱さがあった。

あとやっぱ、これは生で見ておいてよかったなと思った。 前日DAY1の方でもミリオンスターズのステージがあったからTSで見てたのだけど、イマイチ気分が乗り切らなかったんだよね。 熱心に追ってるわけではないのでSideMのステージは見る機会が少ない、だからこそ逆にここでちゃんと生で見て、かつちゃんと印象が残ってよかったなと思った。



出演ユニットの人選について思ったことを少々。 去年はSideMとしては初だったからまずDRAMATIC STARS、それ以外にフックになりやすいユニットとしてS.E.Mだったのかなと思う。 S.E.Mについては、キラキラして星が飛び散ってそうないかにも男性アイドルってユニットよりは、熱量や男臭さのあるギラギラした魅力(アルミホイル的な意味ではなく)が受けてたような感がある。

実際にそれを狙ったゆえの選択がS.E.Mだったのかどうかはわからないけど、もしそういった理由だとすると、今年はS.E.Mと同等の質感を持ってるユニットとして的を集約した結果出てきたのが今年のTHE虎牙道・FRAMEの2つのユニットだったのかもなと思う。 事実、戦隊モノ・ヒーローモノ的な魅力、あるいはまんまヒーローショーっぽさも感じる演出でもって魅せてくるユニット、コメントを見てる限りでもそのへんに興味が惹かれてるような人をちらほら見かけた。 とまあこの話の前提はすべて仮定なんだけど、その仮定が今回の目論見なのだとしたら、その目論見は結構上手くいったんじゃないかと、勝手に手応えを感じた。

仮定と妄想ばっかだとアレなんではっきりとした事実についても書いとくと、去年(あるいはこれまでの超会議でのアイマスステージを含めて)見たような熱くなるステージを期待していたら、期待通りのものが見れた、ってことはちゃんと言っておきたい。 武田さんが見てたら絶対「いいライブだった」っていうやつだったね、掛け値なしに。

少しといったのに結構長くなってしまったわw

広告を非表示にする