読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【BD】ゆるゆりライブイベント「七森中♪はっぴ~ぱ~てぃ~」

いつになく特典映像盛りだくさんで見るのに結構時間掛かったわ。 その分ボリューム満点で存分にごらく部&生徒会メンバーの姿を堪能できたわ。



ここでは公演内容自体を詳細には書かないので、どんな雰囲気のイベントだったか当日の様子などはこちらのエントリでどうぞ。





まずは、きゃにめ特典の「がくえんさい」の方から。

予想してたよりは結構カメラの映像がしっかりしてたね。 固定カメラの映像がほとんどになっても仕方ないかなと思ってたけど、ライブパートではハンディーカメラで撮ってた映像も結構使われてて、ところどころクレーンカメラで撮ったような躍動感がある映像になってた。 カメラワークさん頑張ってた。 他のゆるゆりライブBDと比べてもそこまで遜色ない見栄えだったし、これなら「がくえんさい」単体でも出せたんじゃないかってくらいに思える。

内容としても、やがいふぇすでのコントの練習の場面はさすがにカットされてたようだけど、カットはそれくらいでアンコールも含めてほぼ全編入ってたのかな。 昼の部しか行ってないので、夜の部の内容もこれで補完できてよかったわ。 あと、このBDのおかげで「ごらく部な地球の歩き方」の映像が(一部とはいえ)BD画質で見れるのが地味に嬉しいし、特に打ち上げニコ生の再現は、実質的にニコ生映像がBD画質で映像商品化されたと言ってもいいのでは?(言い過ぎ) ともかく、映像化されてなかったものが再現として見れたのが「がくえんさい」の面白かったところで、それがこうしてBDで何度も見れるのはありがたい。 これで「がくえんさい」にもコメンタリーが付いてたら最高だったねw トークパートや天使と悪魔のごらく部がコメンタリーみたいなものだからそれで足りてるんだけども、ごらく部自らツッコミ入れてるところは聞いてみたさある。

そういえば、現地で『おひるねゆにばーす』を見てたときはそこまで大きい感動はなかったんだけど、今回映像で改めてみてたらなんかじわっときたね。 笑いの意味じゃなくて、感動の意味で。 天王洲アイルのお泊りでの出来事を再現してからこの歌に入っていくわけだけど、『おひるねゆにばーす』はそういうシチュエーションにぴったりな曲だったことと、そういう曲が持ち歌として増えたということがなんだか嬉しく感じたんだと思う。 ごらく部もいろんな曲が増えたなあ〜、っていうような感覚。



かわりまして「はっぴ〜ぱ〜てぃ〜」の方。

映像でみると現地にいたときより結構奥行きや広々とした感じがしたね。 やっぱり引きのカメラで全体を見通すと印象が変わる。 ステージ背面からカメラで撮ってるところがちらっと見えちゃってるのはちょっと気になってしまったけど、気になったのはそれくらいで、実際そうやって撮られた背面からの映像自体は印象的な仕上がりになってて良かったわ。

ライブ全編を通してみて改めて思ったこととしては、複数人曲でのフォーメーションの良さだね。 現地では主にセンタースクリーンの映像を通して見ることが多かったから個々人のアップ映像の印象が強くて、フォーメーション組んでるところはあんまり印象に残って無かったんだけど、例えば『あっちゅ〜ま青春!』でラスサビあたりでV字に並んでのフォーメーション組んでるところは、カメラがいい具合に収めてくれてることもあってかっこよさにしびれたね。 トークパートで戦隊物っぽいポーズをやってたけど、そっちでは笑いに走ってたのに対して、『あっちゅ〜ま青春!』の方で披露されたフォーメーションはほんとにかっこよく決まってて、ゆるゆり戦隊って感じだった。

あと、表情に関しても改めて細かく見ることができるようになったことで、印象が改まった部分もいくつかあったけど、その一つがアンコールでの『ゆりゆららららゆるゆり大事件』だね。 間奏のところでみかしーが「みんなー! \アッカリ~ン/」って叫ぶ場面があるけど、ここでの表情を見てて、この瞬間に抱いてたであろうみかしーの心境を思うとなんとも言えない気持ちになったね。 あれは万感の思いってやつだろうか。 現地ではそこまで感じ取れなくて、ただただ最後の一曲を楽しもうっていう気持ちでいたから、あの瞬間の印象が映像を見たことでだいぶ変わった。 もうひとつの例が『Bitter Sweet ぱらどっくす』の件で、思いのほか笑みが漏れてて声にまで現れてたことに改めて驚いたけど、これは映像特典のメイキングの方と合わせてみると、またさらに面白く見れるね。 裏でどういうことがあった結果ああなったのかがわかると面白さが増す。



そして最後にそのメイキングの話。

「やがいふぇす」の特典としても収録されてた、固定カメラでの舞台裏の様子。 これがかなり面白かったから、今回もまたやってくれて嬉しいわ。

ただでさえカメラがあればコントをやり始めるごらく部なのに、今回はピンクアフロのカツラだとか「今日の主役」のたすきだとか、三期最終回の花見で出てきたような小道具が用意してあって、「ここでコントしろよ」感が満載なのが笑える。 実際その目論見通り次々にコントを披露し始めるし。 生徒会組のコントも、ごらく部と比べるとそこまで見れるわけじゃないから新鮮味あって面白かったね。 生徒会組がホワイトボードに描き上げた、自分たちのキャラの即興イラストでそれぞれの画力や画風が見れるのもまた面白かった。

面白いポイントだけじゃなく、興味深いポイントが垣間見れるのもこの舞台裏映像のいいところだし、合間の時間では笑いに走って面白いことをやってる一方で、リハや本番直前などでは雰囲気が一転して緊張感に変わる、そういうギャップを感じられるところがまたいい。 表に見えてる面白さ楽しさは、本気で取り組んでる結果なんだなってのが伝わってくる。 本番前の待機中にゆかちんが「自然体でいられるごらく部が好き」って言ってたのと、舞台袖でメンバーが「行ってきます」と一言言った瞬間にすっと空気が変わるのが感じられる瞬間が、見てて印象的だったね。 本番中の映像では、緊張感と笑いや楽しさ溢れるパフォーマンスが交互に出てくる感覚、そのメリハリが癖になる感じすらある。



ざっとそんなところかな。 あとはオーディオコメンタリーをまだ未聴取なので、今後追々楽しんでいこうと思ってるところ。 いつもどおり笑い満載の楽しいコメンタリーやってるんだろうなーって、楽しみにしてる。

広告を非表示にする