ミニッチュの首がもげたので修復した

もともとミニッチュは首がもげやすそうで怖かったけど遂にやっちまった。 とりあえず治せたので、修復方法などをメモ。 以下、首と体がバラバラになったフィギュアの写真があるので、念の為閲覧注意ということで。










まずは折れて頭部に残った軸を取外す。 先端を熱したナイフを挿して引っこ抜いた。

f:id:ultimei:20150902121621j:plain:w480
f:id:ultimei:20150902121623j:plain:w480

これをどう本体に付け直すかだけど、折れた部分をはんだこてか何かで溶かして蝋のようにくっつける方法も考えたけど、溶かしたあと綺麗な仕上がりに出来る自信がなかったのと、強化しない限りは再び折れるだろうから、却下。 接着剤のみも、楽ではあるけど同じく再び折れるだろうから却下。

代わりに金属の芯棒を挿して接着剤でとめることにした。 後でググってみたら、参考になりそうなものがあった。

やったのは大体これとおんなじ。 真鍮線は無かったので代わりにジャンパ線用にとっておいた抵抗器の脚を芯棒がわりに挿して二液式接着剤で固めてみた。 けど、ねじると容易に接着剤が剥がれちゃってダメだった。

円柱状の軸よりは平板の方がねじっても耐えられるかなと思って使えそうなものを探した結果、可変抵抗器の脚がちょうど良さそうだったので、使ってないものを持ってきて脚だけ切った。

f:id:ultimei:20150902121624j:plain:w480

これを軽く削って形を整えて、固め直した。 書いてて思ったけど、可変抵抗器の脚を使うよりはジャンパ線を数本束ねてはんだで固めたものを使ったほうが楽だったかもしれない。

f:id:ultimei:20150902121626j:plain:w480

くっつけるとこんなかんじ。 比較用にもげてない方の写真も。

f:id:ultimei:20150902121627j:plain:w320 f:id:ultimei:20150902121629j:plain:w320

頭部をはめ込んでみるとこんな感じ。

f:id:ultimei:20150902121631j:plain:w480

首に隙間は出来てしまったし、買った時の写真と見比べてもだいぶ首が浮いた感じになってしまった。 ただ、今までどおり頭をねじって向きを変えられるようにはなったし、頭部の挿げ替えにも耐えられたのでまずまずの結果。

予備として2つ買っておいたけど、直してる間に首の角度とか確認してるうちにもう一方までもげた時はまいったね。 でもとりあえず治せるようにはなったので、他のミニッチュの首がもげちゃってもなんとかなおせそう。

首がもげちゃったのと同時に傷で塗装がちょっと剥げちゃってるんだけど、それもここ見ながらやれば直せそう。

広告を非表示にする