読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my

ちょっと面白いと思ったテーマなので書くけど時間が無いので整理しきれてないのでだいぶ雑。

所有格myの表すところはそのまま「所有格」の文字通り「所有」を表すものだけではなくて、今そこにある「あなたのもの」と「私のもの」は同じかもしれないけどこれは私だけの「特別な」もの、ということを表しているという見方が出来ると思う。 所有ではなく、分別・判別・識別といった言葉で表せる「別ける」という概念、別けた方のうち私の側にあるもの。

『my song』、『MY SWEET MEMORY』、私にとって思い出のある曲のタイトルにもmyがついてるけど、この"my"は「私の」と訳せる一方で「私の所有物」という意味合いを強く表すものではない。

同じ状況、同じ時間を共有したとしても、体験としては必ず個々人が全く異なるものを持ちうるはずで、その「あなたのもの」と「私のもの」を分けて表すためのmy。 今日出てきた「マイアイドル」も、同じように人によっては私の所有物と捉える人もいるだろうけど、そう思う人がいると同時に私は所有物というニュアンスよりも私だけが持ち得た特別な体験を含めたもの表すものと捉える。 そういうのを含めた「所有」なのかもしれないけど。

『お願い!シンデレラ』の歌詞にある「見つけよう my only star」のフレーズを聞いてるときもそういうことを考えたりする。 私だけの何か。

広告を非表示にする