シンデレラ生茶ラベルを小瓶に貼り替えてみた

表題の通り。 こんな感じの小瓶を作った。

f:id:ultimei:20150531152715j:plain:w480

以下、やり方・用意するもの等はこちらを参考にしました。

熱でラベルが収縮することを利用して、熱湯に浸すことで瓶にピッタリと貼り付ける、という方法。 熱を当てればラベルが勝手に瓶に合わせた形に収縮するので、カットするサイズさえ間違えなければ簡単かつ綺麗に貼れる。

実際にやってみた

貼り替えたいラベルと、貼り替え先となる小瓶。 瓶のサイズはボトルの径より小さければなんでもOK。

f:id:ultimei:20150531152717j:plain:w480

まずはペットボトルを潰してラベルだけ取外す。 左のように薄くて柔らかい紙のような素材のラベルだと、取外す際にシワになってしまうけど、試しにやってみたら熱で収縮する際にシワがなくなって綺麗に貼れたので大丈夫。

f:id:ultimei:20150531152719j:plain:w480

次に、瓶の高さに合わせてカットする。 熱で収縮する分も考慮しつつ、適当なサイズにカット。

f:id:ultimei:20150531152721j:plain:w480

続いて熱湯に浸す前の下準備として、ドライヤーで熱を当ててある程度収縮させる。 位置を調整しながら、全体にまんべんなく熱を当てる。 やけどに注意。

f:id:ultimei:20150531152722j:plain:w480

ドライヤーを近づけすぎて熱を当てすぎると写真左上のように歪んでしまう。 これは失敗したかなと思ったけど、熱湯に浸したら案外大丈夫だった。 熱してラベルが溶けるほどじゃなければ大丈夫かな。

メインの工程、沸かしておいた湯に漬ける。 押すなよ! 絶対押すなよ!*1

f:id:ultimei:20150531152725j:plain:w480

ドボォ

f:id:ultimei:20150531152726j:plain:w480

湯に漬けたとたん面白いように収縮して、あっという間に瓶に貼り付く。 時間にして3秒程度。 全体が十分収縮しきったら、湯から上げて瓶を冷やす。 急に冷やして瓶を割らないようにね。

十分冷やして水を拭いたら完成。

f:id:ultimei:20150531152727j:plain:w480

首周りは上手くいった。 けど高さは結構縮んじゃったな、余分に取ってたつもりだったのだけど。 これなら美嘉姉の髪を切らなくても全体入れられたな。 あとただでさえ細い智絵里が更に細くなってしまった。

この辺の縮み具合は出来上がりを読むのが難しいから、失敗したくないなら何度か試してみるといいと思う。 瓶は円筒形じゃなくても、角瓶や球形とかでもそれなりにできるんじゃないかと思う。 ただ綺麗に貼れるかどうかはわからんね。



とりあえず以上。 以下は実際やってみる際に参考になりそうな写真をいくつか。 なかなか均等には収縮しないので、収縮する際に歪んだりねじれたりする。

f:id:ultimei:20150531152728j:plain:w480
f:id:ultimei:20150531152730j:plain:w480

あと、ラベルを切って剥がす用のミシン目も広がる。

f:id:ultimei:20150531152731j:plain:w480

そんなかんじ。 ラベルをどう保存しようか迷ってたらちょうどいいやり方見つかって良かった。 簡単で綺麗に出来るのがいいね。

おしまい。

*1:9話を見てる時は、いつ熱湯コマーシャル的なことをやり出さないかヒヤヒヤしたもんだ

広告を非表示にする