LTHに感じること+α

LTPが完結してLTHも今度の09・10で完結、それにちょうどLTP前半曲について感じることメモ - star light, star brightを書いたときから1年くらい経ったので、LTPと絡めてLTHの全体的な印象など。 といっても、特に最近のものも含めてまだ十分には聴きこめていないのでふわっとした印象での語りにはなってしまうけど。

去年↑のエントリで書いたように、LTPの特に前半の曲はサウンド的にいまいちパッとせず印象にも残りにくい、歌としてのパワフルさに欠けると感じる曲が多かったんだけど、後半以降は徐々にそれも良くなっていったし、LTHでも引き続きその流れは続いてたように思う。 聴き心地のいい音、サウンドに楽しさや爽快さを感じるものはLTPと比べると多かったなと思う。

一つ自分にとって有意な差としては、LTPではオフボーカルを聞きいてみたいと思う曲はそこまで多くなかったけど、LTHでは多くなった。 LTPの時点でもオフボーカルが収録されてないのが惜しいポイントだったけど、LTHになってよりそう思うようになった。 LTHではドラマパートが収録されなくなった分、オフボーカルを入れて欲しかったなぁと思う。

相変わらず合わない曲・苦手な曲はあるけど、それは単に好みの問題だし、その分そういった曲が好きな人の需要は満たせるだろうから、それがミリオンライブの楽曲の方向性ってことで諦め少々・概ね納得はしてる。 09・10でEDM風味の曲が多かったのが少し気になったね。 こういう曲は好きではあるし、ジャケットイラスト的に狙ってそういう方面に寄せたのかなとは思うけど、かと言ってこの先もそういう曲ばっかりになるのは求めてないので、今後出るであろう次のシリーズにはこの流れが続かないといいなと思う。 次のCDシリーズは今度の2ndライブで発表されるかもしれないし、それは楽しみにしてる。



共通曲の『Welcome!!』について。 ミリオン単独の1stライブで『Welcome!!』を見たこともあって、この曲でようやくミリオンスターズが自分たちだけの歌を持てたという印象が強い。 (この話については前に書いた→Welcome!! - star light, star bright) そういう理由に絡んで、765ASメンバーが『Welcome!!』を歌うことには違和感がある。 LTHはPSLと同じユニットでのリリースということで、そのユニットで共通曲を歌うことは何ら異議は無いんだけど、『Welcome!!』ではなくPSLの展開に添った共通曲を別に用意してくれたほうが自分にとってはよかったなと思う。

765ASはミリオンライブ!以外でも展開がある一方で、ミリオンスターズはミリオンライブ!の外に出ることはない。 ゲーム内での765ASとライブでの765AS。 そういう立ち位置の違いと楽曲展開の不統一・不一致感が『Welcome!!』とLTH全般にも影響してるんだけど、これはまだ自分でも十分整理できてないので、とりあえずそのあたりで引っかりがあるとだけ書いておく。

広告を非表示にする