μ's Go→Go! LoveLive!2015 ~Dream Sensation!~ 2日目(LV)

ライブビューイングをやるというニュースを見た時にふと行ってみようかなと思い立ち、チケットが取れたので行ってきた。 会場はTOHOシネマズ流山おおたかの森。 ラブライブ!はアニメ二期をなんとなく見てた程度で、楽曲もアニメ主題歌と『Snow halation』、『だってだって噫無情』ぐらいしか知らない状態での観劇だったけど、楽しかったね。

ラブライブ!Official Web Site | μ's Go→Go! LoveLive! 2015 ~Dream Sensation!~ イベント公式サイト
イベントレポ&感想目次 - star light, star bright その他のイベント記事

以下、5thライブを見てきて楽しかった部分など。

衣装

衣装の種類が多い。 まずまさにライブって感じのスタンダードな衣装があり、アニメPVで着てたものを再現したデザインのものもある。 それに制服風ではなくそのまんま制服も衣装として出てくる。 一人あたりだと全部で7〜8種類くらいになるのかな、とにかくいろんな種類の衣装が見れてたのが楽しかった。 何よりどれも可愛かったし。 今回披露された曲はほとんど知らないものだったし、だから当然歌詞やそのバックグラウンドにあるストーリーもわからない状態だったんだけど、それでも一つ一つの衣装が凝ってて綺麗だし、それが何度も変わるから、そういう見た目だけでも十分楽しかった。





ダンスとフォーメーション

見た目だけでもの話に関わるんだけど、みんなダンスが上手い。 基本的に手持ちマイクではなくインカムを使って歌うから手に自由度があって、その分両腕を大きく広げたりでダンスに躍動感があった。 カッコいい曲ではパキっとメリハリがあって、可愛い曲ではとにかく可愛く、静かな曲では柔らかく。 カッコ良さだと『ずるいよMagnetic today』でのPileさん、可愛さだと『好きですが好きですか?』での内田彩さん、綺麗さだと『もしもからきっと』での楠田亜衣奈さんが印象的。 特に『もしもからきっと』の間奏部分でのバレエは、大きく両手両足を広げたジャンプがすごく鮮やかだった。 あれが決まった瞬間は思わず「おぉっ」て声が出た。 この辺りの曲が披露された第2パートは主にアニメ2期BDの楽曲のようで、ソロあるいはデュオ曲のパートだったけど、この部分は一人ひとりの持ち味とキャラクター性が存分に表れてる部分だったので、第2パートは全体的に見てて楽しかった。

といったように少人数での曲でも個々のパフォーマンスが良かったりだけど、全員曲になるとそれが合わるとまたすごい。 合わさるにしてもバラつきを全然感じなくて、統一感があってすごく整ってるように感じた。 そして9人でのフォーメーションがカッコよくて、バリエーションが多い。 3×3になったり、4+1+4や2+5+2の並びになったり、前後で4+5になったり。 1曲中でも散ったり集まったり隊形が切り替わることが多くてそれが見た目に鮮やかで、どう変わっていくかを目で追ってくのが面白かった。 9人っていう奇数人だからこそ出来るフォーメーションのバリエーションの多さとそのヴィジュアル的なバランスの良さを感じた。 一列に並ぶ場合でも、『もぎゅっと“love”で接近中!』みたいに順々にポーズを決めていくところがあったりで、それがまたピシっと決まってて綺麗だった。 『Happy Maker!』のサビでのChoo Choo TRAINみたいな振りは、LVだとカメラが真正面から映してくれててそれがすごく鮮やかに決まってた。 まさにこの動画と同じだった。

【TVCM】TVアニメ『ラブライブ!』2期第13話挿入歌「Happy maker!」 ‐ ニコニコ動画:GINZA

ステージとカメラ

メインステージにスクリーンが横一列に三枚、ステージ上にはゆるやかな階段になってる部分にもあって、そこにも傾斜を合わせて設置されたスクリーンが一枚。 メインステージのスクリーンは左右二枚でアニメ映像、中央1枚でステージ映像を流してたから、アニメ映像とのステージ上のパフォーマンスとのリンクが強かったし、両者を比較して再現率すごいなぁってのを楽しむこともできた。 トロッコが計3台くらいあったけど、それにも両面に1毎ずつスクリーンが据え付けられててあってトロッコを使う曲ではそれに合わせた映像で演出されてた。 トロッコは単に会場全体を移動しながらパフォーマンスするためのものではなく、映像によって曲を演出する大道具としても働いてた。

後はカメラだね、会場中央を移動する空中カメラがあったけど、そのカメラが捉えた映像にはすごい臨場感があった。 LVだと主に地上設置のカメラからの映像だったから空中カメラからの映像はたまに映るくらいだったけど、もう少し見てみたかった。

演出

これも主に第2パート楽曲の話になるけど、それぞれの曲での演出が面白かった。 『ずるいよMagnetic today』では2人が乗ったトロッコのそれぞれが磁石のN極・S極に見立てられてて、歌詞に合わせてくっついたり反発したりで、歌詞にあわせた演出がよかった。 曲中なんども移動して不安定に揺れるトロッコの上でもカッコよく踊るPileさんと徳井青空さんはすごいなと思った。

『Love wing bell』 この曲では飯田里穂さんがウェディングドレス、他の4人?5人?が胸に赤いバラを付けたタキシード。 花道を歩く姿がバージンロードみたいに見える演出になってて、この曲は初めて聞いた曲にも関わらず曲調と相まって感動して泣けた。 行く前は『Snow halation』が一番の泣き所になるんだろうなと思ってたけど、ライブが終わったあとに振り返るとこの曲がそれだった。

『好きですが好きですか?』は、まず制服にエプロンって格好で歌うってのも盛り上がるポイントの一つだったんだけど、それ以上にトロッコの上にテーブル・鍋・まな板・お玉などなど、手料理セット一式をトロッコの上に用意して、それを歌詞に合わせて使うってのが面白かった。 炊飯器カパッと開いて見せてきた時はだいぶ笑ったし、それで歓声が上がるもんだから面白かった。 トロッコの上に小道具載せてる時点で落っこちないか気になりながら見てたんだけど、案の定曲の終盤あたりでフライパンがトロッコから落ちてた。 実物じゃないにせよ、あれは大丈夫だったんだろうかw

『Storm in Lover』はただただかっこよかったね。 南條愛乃さんと三森すずこさんがセンターステージで背中合わせに立って、そして全曲中唯一スタンドマイクを使ったパフォーマンスだったので惹かれるものがあった。 メインステージで吹き上がる火柱を背景に立つ二人はカッコ良かった。 あと、曲がフラメンコみたいなスペイン風のものだけど、そういう曲を制服で歌うっていう妙なエロさね。

ラブライブ!は全員で歌うイメージが強かったんけど、だからこの第2パート部分はソロ・デュオの曲ってことで自分の中で意外性があったし、加えて各曲それぞれでの演出の面白さもあって今回のライブだとこのパートの印象が一番残ってる。

これは演出というよりサプライズの話になるけど、楠田亜衣奈さんのお誕生日お祝いで会場全体の紫のライトをろうそくの炎に見立てて、ふぅーっと消していくのは綺麗だったね。 LV会場でも現地と同じように上げたライトを下ろして消えていくようにしてて、いいサプライズ演出だった。

その他

細かい話。

アンコール

アンコールに合わせたアニメ映像の演出が斬新だったな。 ステージ袖で円陣組んで、またステージに向かっていくっていうあの流れは盛り上がるね。 あとダブルアンコールがあるのはラブライブでは普通なのかな。 ダブルアンコールがあるライブ自体初めての体験だったから、1度目のアンコールコーナーの終わりが割とあっさりしててここに入ると思ってた告知が一切無く終わったのがちょっと驚いた。

Snow halation

今回はこれを目当てに見に行ったようなものだったけど、やっぱ良かったね。 大サビで白から一気にオレンジに切り替わるのを見た瞬間は感動した。 LV会場でも同じようにオレンジに切り替わってたけど、その瞬間はみなその光景に感動したのかどよめきが起きてたな。 この曲のとき、ちょっと大きいホコリが舞ってて、自分の上あたりを漂ってたのが妙に記憶に残ってる。 雪みたいで綺麗だった。

だってだって噫無情

もいっここれを目当てに見に行ったんだけど、この曲が披露されたのは1日目だけで、2日目は見れる機会が無かったのが残念。 開演前にBGMで流れてたから2日目もやるのかなと期待してたんだけどね。 この衣装で踊ってるところが見たかった。


LV会場の様子

最初に書いたけどTOHOシネマズ流山おおたかの森での話。 ほとんど満席だった。 ちょうどよく後の方の席だったので会場全体を観察できた。 以下ちょっと長くなるけど、会場の様子。

まずは女子率の高さ。 3〜4割くらいは女性だった。 ラブライブは比較的女性ファン多そうなイメージだったけど、LV参加者もここまで多いとは思わなかったので結構驚いた。 カップルも多かったね、爆発しろ! にこにーやかよちんの髪型にしてる女性をちらほら見かけた。 気づかなかっただけで他のキャラクター風にしてた人も居たかも知れない。

盛り上がりについては、女子のが元気だったんじゃないかってくらい。 流石に周りから聞こえてくるコールはほとんど男性のものだったけど、はしゃぎっぷりは女子のが大きかったように見えた。 私の左右にいた男性ライバーは歓声は上げず腕だけを動かして比較的大人しめに振る程度だったけど、目で見える範囲の女性ライバーはほとんどが体全体を動かしてて時には曲に合わせて小さくジャンプしたり、黄色い歓声上げたり。 特に、前の列にいた女子二人組が終始楽しそうにはしゃいでて、スクリーンに映るライブ映像とその二人を交互に見るのが地味に楽しかった。 男性はソロ参加が多い一方で女性はソロはほとんど見かけず、数人で連れ立って参加の人が多かったのが男女でのはしゃぎっぷりの違いの理由かと思う。

曲中ではほとんど全員が起立。 数人座ったままの人を見かけるくらい。 ライブを鑑賞するというよりみんなで一緒になって楽しむってスタンスの人がほとんどなのかなと思う。

光り物はLVでもほとんどがラブライブレード、あるいはキングブレード系と思しきものを1〜2本持参。 気合入ってる人はそれ以上持ってる人もいた。 驚いたのは色変えの早さだね。 切り替え式でも色順をしっかり覚えてるのか、曲やMCが始まるとすぐ対応する色に替えてたし、「音楽の軌跡」のパートでは矢継ぎ早に曲が変わっていくのにそれに追いついてすぐに色を合わせてるのがすごかった。

反省

やっぱちゃんとアニメの復習、楽曲の予習をしておけばよかったなと思う。 終盤、怒涛のダブルアンコールコーナーではみなより一層テンションアップしてたけど、一方自分は序盤の主題歌系の曲の時とさほど変わらないテンションで見てたから周りとのテンションの差を感じてしまったし。



といった感じ。 豪華なステージに楽しい曲、たくさんの可愛い衣装に素晴らしいパフォーマンスなどなど見てて楽しいライブだったし、女性参加者の多さに驚いたりとライブそのもの以外の部分でも面白い部分があって、いい体験だった。 来年もまたライブやるって決まったし、今回初めて行って楽しかったからまた見に行こうかと思う。

おみやげ。 LV会場でもらったメッセージカード。

f:id:ultimei:20150204025753j:plain

広告を非表示にする