ライブシーン、シンデレラ3話とアイマス劇場版

昨日のシンデレラ3話のライブシーンを見たあと、ちょうど1年前、劇場版アイマスのライブシーンを見た時のことを思い出した話。 先に断っておくと良し悪しの話ではない。

シンデレラ3話のライブシーンを見てた時は完全にのめり込んでた。 対して去年M@STERPIECEのシーンを見た時は頭が重たくなるほどの拒絶感があった。 その理由は見た時の感想として書き残してあるけど、これを書いた時は思い当たる理由として書き出してみたものの何か違うように思ってたけど、今読み返してもこれが答えではないように思う。

なんであのライブシーンを素直に受け付けなかったか、未だに分からない。 ライブシーンが始まるまでは楽しめてた分、まさかそこで拒否感感じたことはかなりショックだったし、2回目見に行った時もライブシーンになるとその時のことを思い出してしまって集中が削がれた。 シンデレラガールズも、去年の劇場版の時も、どちらも頭が鈍くなる時期だったから、見るときの気分・コンディションには結構気を使ってたつもりだし、結果同じくらいの集中度で見れてたのに、こうも差がでたのは何が違ったんだろうなと、シンデレラ3話を見終わったあと改めて疑問だった。

もう1年経ってしまったし、劇場版ももう何回も見てあのときの細かい心理状況とかはもう思い出せないから、たぶんこの先も答えがでないと思うけど、できるならもう一度まっさらな状態、初見の状態で見返せたらなあと思う。

広告を非表示にする