コメンタリ聞いたり

劇場版のスタッフコメンタリーを聞いた。 劇場版アイマスは難しいね。 好きだし感動したけど、じゃあ何がどう面白かったって言われると難しい。 言葉より感情みたいな話をスタッフコメンタリーでもしてたけど、それに似た理由かな思う。 監督はじめスタッフがここはこれこれこういうシーンって説明入れながら語ってるのを聞くとそういうことだよねえって確認・納得は出来るんだけど、それなしで一から自分の言葉として出せるかというとそれが難しい。

コメンタリ聞きながら見てて思ったこと。 春香さん演説シーンでの美希の話なんだけど、春香さんと年少組がみな涙してる中で美希だけは涙を流さず、何か考えてるようで、その姿がすごく大人びてるなぁと思った。 春香の言ってたことを理解できてないなんてことはないだろうし、年を考えれば雰囲気に飲まれて他の子たちと同じく泣いちゃってもおかしくないけど、そうならずに春香の言ったこと受け止めつつ、それを受けた美希自身のことを考えてるような様子は目を引く。 劇場版初見の時も終わってみれば美希の印象が強かったけど、今回また改めて自分にとっては美希が目立ってみえる一本だなぁと思った。 雰囲気だけを捉えて感動した面白かったなんて言ってる自分なんかと比べると、美希の方がよっぽどすごいよなと。

で、タイミング狙ってこれを書いたわけじゃないんだけどちょうど今日が美希の誕生日だったね。 ミキミキおめでと!

広告を非表示にする