my songを初めて聴いた時が確か初めてアイマスで涙流すほど感動したときで、それ以来my songは大好きで特別思い入れのある曲で、そのあとしばらくしてMS06のインタビュー(http://news.dengeki.com/elem/000/000/185/185704/)でくぎゅがmy songについて語ってるのをすごく嬉しく思いながら読んだのに、5thの時は現地で見たいという強い思いはなかったから家にいたけど、今だに実際見てきた人の話を見るたびに行っとけばよかったなぁと思うと同時に、くぎゅも伊織も以前よりももっと好きになってからは逆に二人を見れる機会を得ようにもそんなに多くないなぁと感じ始めて、その点でもやっぱ行っとくべきだったなぁと常々思いつつ、そんな機会に恵まれたアニメが終わると同時に7th開催が発表されて、その時は当たるか分かんないからまだ本気で行きたいと思ってはいなかったけど、でもやっぱ行けるなら行きたいなあと思い始めて、チケ手に入れた今は伊織とくぎゅに会えるんだなぁと楽しみに思ってるのが一つ。
あと、最初はくぎゅ目当てで見始めたPERSONA4 the Animationの、久慈川りせのTrue Storyも普通に好きって域を越えつつあって、この曲は本編との関わりから切り離した個別の一曲としても好きで、最初は伊織と同じくアイドルの曲だったから好きになったけど、最近は、歌を歌ってるくぎゅのイメージをこの曲から想像できるってのがあるからかなぁと思い始めた。 伊織や、りせみたいなまんまアイドルって感じのものは求めちゃいないけど、歌手としての釘宮理恵のイメージだったり、釘宮理恵に求めるある種のアイドル性みたいなものとかをこの曲とりせちーのイメージからぼんやり見出せる感じが好きで、こういう曲をもっと聴きたいなぁってのがもう一つ。
自分でも書いててよく分かんなくなってきたけど、とまぁつまるところ、最近は舞台だったり洋画吹き替えだったり今までとは少し違う方面の活動も始めたりしてるようだけど、その中でもアルバムの発売と7thライブがあと3週間くらいと間近に迫ってきて、くぎゅの歌と、歌を歌ってるくぎゅが見れるのが非常に楽しみだなぁって話で、とりあえず、お誕生日おめでとうございます、今後益々のご活躍をお祈りしています、につながる文章が書きたかった。
追記:改めて時間置いてから読み返してみたけど、何が言いたかったのか全然分かんなくて正直消したい。

広告を非表示にする