第八話 「しあわせへの回り道」

クソワロタwww でも、あとでまたじっくり観る。


第七話】→【第八話(ここ)】→【第九話】 【目次



いいドタバタギャクアニメだった。 癒し回とか、まあ癒されたのは確かだけど、それ以上に笑いすぎて汗出てきた。 真のバトルあるっぽいから「エージェント夜を往く」か「迷走Mind」がその辺で流れるかなと思ってたけど、話の流れと合わせるの難しいだろうなと思いながらその辺が今回の楽しみだったりしたんだけど、いざ観てみたらあっさり両方使っちゃった上に、挿入歌ってよりは扱いはほぼBGMだし、さらに予想外にもShiny SmileのREM@STER-Aまで出てくるから、この三連発がいい意味で無駄遣い過ぎて笑っちゃった。 Shiny Smile REM@STER-Aはイントロ聴こえた時点でおぉって声出たけど、スピード感ある曲調もあずまこペアなのも歌詞の雰囲気も、今回のお話とぴったりだったねぇ。

真のパートはバトルアニメかってくらい動いて格好良かったし、あずささんのパートは優しくて綺麗で可愛かったし、しゅーろくごー!で言われてたとおり静と動がきっちり分かれてて、正反対に描かれた二人だけどそれぞれにすごく魅力的で面白かった。 前回のやよいおりも良かったし、さらにその前の竜宮小町もだけど、1話でこれだけ詰め込めるのは毎回毎回すごいなぁと、観てる間は長く感じるし、終わるとあっという間、30分アニメとは思えないボリューム感。


石油王、声を聴く機会があんまなかったから声だけじゃ誰かわかんなかったけど、最後のCV見て笑った、正直今回のオチはこれだったかも。 小野坂昌也ってあずさPの人だよね、アフレコ現場がどんな雰囲気だったのか超気になるw 追記、Wikipedia更新早すぎワロタ。

横浜観光も楽しめたけど、他にも見逃せないポイントいっぱいあったねぇ、EDに竜宮小町の新曲だったり、美希も裏でしっかりちゃんとお仕事こなしてたり。 不測の事態でも冷静に対応しようとするPの姿も。

次回は亜美真美回かな、この二人だと今回以上にカオスになるような、と見せかけて、なのか。


今回一番好きなシーン。

やっぱこれかな。 序盤の雰囲気とは全然違う展開と、昭和のギャグアニメみたいなワンシーン、いやほんと面白かった。

広告を非表示にする